返済のしやすさで選ぶキャッシング会社

キャッシングを利用する際に気になるのはやはり返済のしやすさです。
金利に関しては多くの会社で18%と横並びですので、あまり金額の面では差は出てきませんが、返済に関しては会社によって変わってくるので、調べてから申し込みをした方が良いでしょう。

特に返済をする際のATM手数料は注意しておきたいところです。
昔はコンビニのATMを利用したとしても手数料はかからない会社が多かったのですが、最近は不景気などの影響もあり手数料を請求されるケースが増えてきています。

100円程度の手数料であれば借りている金額に比べて大差が無いと思いがちですが節約をすることがお金を早く返す方法の一つなのでここはこだわりたいポイントです。

一括払いでいつも返済している方や、リボ払いを利用しているという方にとっては手数料は気にならないかもしれません。しかし、上手く借りて返すというサイクルを作るためには、お金が手元にあるときに返済を進めてしまった方が金利がかかってきませんしお得に利用することができるのです。

先払いができるのはキャッシングの便利さをかなり向上してくれます。

返済した後にやはりお金が足りなくなったらまた借りればいいだけの話ですので、返済をしていた期間は金利が発生しなくなることを考えると返済や借入に手数料がかからない会社の方がお得なのです。

キャッシングの審査や返済について詳しく紹介しているサイトです。
参考までにどうぞ。⇒ okaneconcier.biz

 

キャッシングの審査をどうしても通したい人へ

なんとかしてキャッシングやカードローンの審査を通したいと思っている人に注意して欲しいポイントを紹介したいと思います。

キャッシング審査で重要視されるのはズバリ返済能力です。
そのため勤務先のデータはかなり重要です。

基本的に審査に必要なのは運転免許証などの本人確認の書類だけなのですが、確実に審査に通したいなら書類を追加するといいんです。

例えば、サラリーマンなら運転免許証よりも会社の社会保険証のほうがポイントは高いです。
これに給与明細をセットして申し込みをするとよほどのことがない限り審査に落ちるということはないと思います。

もちろん過去の支払い履歴で滞納や延滞があるようだと審査に落ちてしまうかもしれません。

フリーランスのキャッシング審査

時代の流れかフリーランスとして活動している人も年々増えてきています。

こうしたフリーランスの場合、キャッシングの審査はどうなるんでしょうか?

実はフリーランスの場合もサラリーマンと同じようなステップで審査が行われます。

ただ、在籍確認は取りづらいのでは?と思うかもしれませんが、フリーランスとは言え、どこかの会社に所属していたりチームで活動していたりするので、そこで在籍確認が取れれば問題ないそうです。

あくまでも活動の実態が確認できればいいという感じのようです。

また、収入証明についても確定申告書の控えや委託契約書などがあれば、審査で多少は有利になるようですが、絶対という感じではなさそうです。

できるなら用意したほうがいいというレベルのようです。

キャッシング審査と家族構成

キャッシング業者の公式サイトでは申込みフォームが用意されています。
また、お試し診断のような簡易的な審査を用意してある業者もあります。

この違いは入力項目にあります。

一般的にお試し診断のような簡易審査では、年収や他社借入れなど最低限の項目しかありません。

これで、自社の実績などのデータから総量規制などに引っかからない融資額を提示しています。
ところが、通常の申込みとなると、入力項目は一気に増えます。

いわゆる個人情報に関するものばかりです。

そのなかに家族構成があります。
一見、キャッシングの審査とは関係なさそうではありますが、実はそうでもありません。

というのも、キャッシングの審査では返済能力が問われることになるのですが、
そのなかで可処分所得というのが結構ポイントになります。

つまり自由に使えるお金はいくらかということです。

例えば、これから教育費が沢山かかるような子供がいる人と独身者の場合、
年収が同じなら独身者のほうが、あきらかに自由になるお金は多いということになります。

家族構成によって、この可処分所得は大きく変わってくるので、審査では重要な項目になっているんです。

お試し診断の信ぴょう性

キャッシング会社の公式サイトでは、お試し診断のような簡易的な審査をしていることがよくあります。
3秒審査とか10秒審査と呼ばれているやつです。

この審査ってどれくらいの信ぴょう性があるんでしょうか?

実は審査には仮審査と本審査があります。

仮審査は、最低限の条件を満たしているかどうかを判定しています。

なので、この仮審査を通過できない人は本審査に通ることはまずありません。
本審査では仮審査のときの入力情報に加えてさらに詳しく聞かれることになります。

また、勤務先などは、本当に勤務しているかどうか確認のための在籍確認をとることになります。

仮審査のときは数秒で終わっていた審査も本審査では数十分から1時間ほどかかることになります。

審査にパスすると契約が完了すると晴れて現金をてにすることができます。

キャッシングの返済が遅れるとどうなる?

キャッシングは手軽に利用できる便利なサービスですが、
なかには色々な事情で返済が遅れてしまう人もいるようです。

ちょっと前までのイメージだと怖い人が執拗に取り立てるような感じはありますが、
実際のところはどうなんでしょうか?

実は現在の取り立てはかなりクリーンな状態です笑

法整備が進んだこともあり厳しい管理体制にあるので、
それほど怖いことはないと思います。

ただ、遅れてしまうと遅延損害金を支払うことになりますし、
遅延が長引くと個人情報機関に登録されてしまうことになります。

そうなると、あらたな借り入れはほぼ絶望的になってしまいます。

それどころか、
ほかのローンでも同様に審査に通らない状態となってしまいますので注意が必要です。

消費者金融のメリットってなに?

消費者金融でお金を借りるときって、
なんだか後ろめたい感じがする人も多いのではないでしょうか?

銀行や信販系のカードローンだとそれほど感じないのに、
消費者金融だと感じてしまうのは、以前のサラ金のイメージが強いのかもしれません。

そんな消費者金融も最近では、激変しています。

お金を借りるのに店舗に行く必要は全くなく
インターネットで申し込みから融資まで完結してしまう業者が沢山あります。

銀行では、まだまだ即日での融資やインターネットで
完結といった環境にある会社はすくないです。

ネットで完結するだけでなく、
申し込みから融資までがかなり速いのも消費者金融のメリットです。

業者が提携しているネット銀行があれば
時間を気にすることなくすぐに振り込み融資を受けることも可能です。

金利などの融資条件は銀行カードローンのほうがいいかもしれませんが、
実際に利用した場合の利便性は消費者金融のほうがいいかもしれません。

 

お試し診断のメリット

お金を借りるとき、できれば金利が安かったり使い勝手のいいキャッシング会社を利用したいと誰でも考えると思いますが、
実はそれほど簡単にはみつけることができないんです。

一般的にすごく借りやすい状況にある人はいるのは想像がつくと思います。

例えば、
大手の企業に勤めていて年収が高かったり公務員で収入が安定しているような人たちですね。

そうでない環境の人も沢山いると思いますが、
なるべく条件のいいところはないかとあちこちに申し込むと、
実は、それだけでどこからも借りれなくなる可能性があるんです。

どういうことかというと、
キャッシングなどの申し込みをすると、その履歴が信用情報機関に登録されます。

そして、その情報はすべての金融機関が閲覧することが可能です。

つまり、
どこかに借り入れの申し込みをすると業者にはすべて筒抜けになってしまうんです。

短期間に沢山の申し込みをすると、俗に申し込みブラックという状態になります。
業者からするとあまりに沢山の業者に申し込みをしているのは危険だと思われます。

こんなリスクを負ってまで申し込みをする必要はないんです。

ほとんどの人が借りれるかどうかが不安であちこちに申し込みを抱えていますが、
お試し診断を利用すると今どれくらいかりることができるかわかります。

しかも匿名で利用できるので安心だと思います。