無利息で活用できるカードローン

カードローンでお金を借りる時にはその借りた日数に応じて利息を支払うことになるわけですが、最近では少しでも多くの人に借りて欲しいとしているので無利息期間を設定しているカードローン業者が増えています。これはほぼ借り手にメリットしかありませんから、心配することはないです。是非とも積極的に活用するべきといえるでしょう。

しかし、誰でもどんな場合でも、ということもありますが条件が細かく決まっていることもありますから、それをよく見てから申込みをするようにしましょう。銀行系カードローンなんかですと預金がいくら以上の場合とか住宅ローンを組んでいる人であれば、とかそうした理由で金利を安くしてもらうことができるプランがあったりします。そうしたサービス内容もよく見て決めるとよいでしょう。カードローンならばお金を借りて利息をつけて返す、という根本的なサービス内容はどこも同じなのですが金利に対する違いがありますし、やや特殊な形態で安く貸してくれるところもあるのです。どこでもよいわけではありませんから、上手く自分にとってよいカードローン業者を見つけるようにしましょう。そうすれば無理なく利用していくことができるでしょう。

カードローンでキャッシング

去年、遂に貯金額がゼロになってしまい、更に引っ越しをしなければならない状況になってしまいました。

今までお金を借りた事がないのが小さな自慢でした。しかし借金をするしかありません。誰にも相談出来ませんでした。

親や友達にも話す事が出来ない、かと言ってカードローンはかなり抵抗がある。でもどんどん時間が無くなっていく。

他に方法が無いかと考えましたが、遂にカードローンを借りる決心がつきました。

今はネットで何でも情報が手に入る時代です。各社の比較もしやすく、口コミで評判などもみる事が出来る。

月々の返済方法、返済の仕方、繰り上げ返済、利息、金利、期間、申込の仕方などを自分で調べていくうちに安心感が生まれてきました。

申込で分からない箇所や審査などでコールセンターとやり取りしましたが、担当の方が非常に丁寧にに対応してくれました。

電話でも相手と話す事で不安も減り、自分の状況もネットで逐一確認する事が出来ます。

計画的に借りてゆっくり返済。余裕があるときに繰り上げ返済をしていけば生活費が圧迫される事もありませんでした。

借りる前に自分があれこれ悩んでいたのが恥ずかしいですね。自分の中で勝手に悪いイメージがあっただけでした。

カードローンは本当に困っている人の味方だと思います。

キャッシングの利息の計算について

多くのキャッシング業者は日割りで利息を計算してくれます。必ずぴったり一年、一ヵ月単位で借りるわけではないのですから、日割りで借りることもできるようになっています。基本的に早く返すことによって利息は抑えることができます。一括返済が最もお勧めできる理由はこれになります。少しでも金利を抑えたいと考える人は多いでしょう。とりあえず貸してくれることが何より有難いという場合もありますが、そうではなく少しでも金利が低いところから借りるようにするべきでしょう。借り換えも検討するべきです。一度借りたところからずっと借りていないといけないわけではないです。

キャッシングはいくら借りて、そしていつまでに返さないといくらの利息が発生するのか、というのを明確に把握しておきますと何かと役に立ちます。実際、利息は借りている金額によって違うことになりますが、10万円単位であればそれこそ一ヵ月で何千円もかからないことが多いです。その為、約定返済で気軽に返済していくこともよいのですが、それでも利息は利息になります。少しでも早く返すことによって抑えられるわけですから、それは絶対にするようにしたほうがよいでしょう。そこは大事なポイントです。

キャッシングで即日融資を受けるには

キャッシングで即日融資を受けたい場合、平日の銀行営業時間内なら、可能な金融業者が主流になっていますが、最近では土日や夜でも即日融資に対応している所があります。

平日にキャッシングを即日で受けたい時、決めた金融業者にネット上のサイトか、店頭窓口、無人の契約機などを利用して契約が完了すると、15時前なら指定口座に振り込みが可能となり、以降の時間だと無人の契約機コーナーでカードを発行すれば、店舗ATMや提携ATMなどでキャッシングを即日で受けられます。

土日や夜即日キャッシングを受けたい場合、業者によっては無人の契約機が営業時間内であれば、即日キャッシングができます。また、夜でも業者が指定するネットバンクに口座があれば、即日に振り込んでくれるサービスがあり、色々な形で即日キャッシングに対応しています。

時間が無いなどで、店頭窓口や無人の契約機に行くことができない時には、パソコンやスマホなどから申し込みから契約まで完結ができ、都合の良い時に無人の契約機でカードを受け取ることができます。

店頭や無人の契約機に行って、キャッシングを即日受ける場合でも、事前にネット上のサイトから申し込み手続きをしておくと、契約時スムーズになりスピーディーな即日融資が受けられます。

アコムの金利と審査通過率を徹底解剖

アコムは消費者金融系で最も貸出残高を持っている消費者金融ですが、同業他社との違いはなんでしょうか。

金利は、

501万円~800万円は3.0%~4.7%

301万円~500万円は4.7%~7.7%

100万円~300万円は7.7%~15.0%

1万円~99万円は7.7%~18.0%

ですから、限度額800万円なら上限4.7%ですから、銀九尾カードローン以下の金利を享受できるように思えます。

しかしながら、アコムは消費者金融です。消費者金融は年収の三分の一以上の貸付はできませんから、限度額800万円というのは年収2400万円以上ないといけません。このような金利を受けられる人であるなら、当然銀行カードローンに赴いた方が審査にも通りますから、現実的とは言えません。

一般的な年収の人は、多くても100万円~300万円のゾーン、上限金利は15%が適用されるのではないでしょうか。それだと法定金利すれすれですね。

アコムの人気の秘密は審査通過率にあると思われます。アコムの審査通過率は月ごとで変化しますが、同業ライバルのプロミスの42%付近に比べて、アコムは48%付近と若干いいのです。

アコムとプロミスに訪れる顧客層の質に違いが出てくるとはあまり思えませんので、アコムは若干他社より審査が緩いところが人気の秘密と言えるでしょう。

キャッシングの申し込み前に確認しておくこと

キャッシングをしようと申し込みをした時に、審査に1度落ちてしまったならばすぐに次を申し込みせず、一度個人信用情報機関を参照してみると良いでしょう。仮審査段階で落ちてしまう状態ならば、元々金融業者が求めている信用力や属性と合っていないわけですから、別の金融業者を探すことになります。しかし、本審査で落ちた場合には、原因を突き止めるまでは次の申し込みは焦らないことが重要です。

金融業者が加盟している個人信用情報機関は、信販会社が利用しているCICを共通で採用していることが多く、審査落ちした金融業者が加盟している個人信用情報機関へ信用情報開示請求を行なうと状況が確認出来ます。申込時に記入した内容と、個人信用情報機関に登録されている内容に矛盾がある場合には、審査に通らないことが確かだからです。個人信用情報機関への開示請求を行っても問題点が無ければ、貸金業法に基づく総量規制に引っかかっていないか確認する必要があります。

信販会社と消費者金融が行っているキャッシングでは、総量規制の範囲内までの貸付に制限されているので、既に他社の利用可能枠合計額が総量規制に抵触すると審査申し込みを行っても通りません。最初から適用法律が異なる銀行カードローンを利用すれば良いと分かります。

保証会社の審査で注意することとは?

銀行系カードローンを契約する上で、一番の鬼門となるのが銀行が保証委託をする保証会社の審査です。基本的に契約出来るかどうかを判断する関門となりますが、保証委託先が信販会社である場合、消費者金融系の会社よりも審査が厳しくなります。審査時に重要視されるのは、他社借り入れ件数と総額ですが、クレジットカードの利用状況にも注意が必要です。信販会社は、クレジットカードの審査や与信判断のノウハウが蓄積されているため、複数枚のクレジットカードを所持している場合、いつでも借り入れが出来る状況と判断することになります。

今では、会員カードにクレジットカード機能が付帯するものが多く、ついついクレジットカードの枚数が増えていることがあります。しかし、実際には契約だけしたものの、殆ど利用しないものも多くあります。つまり、これらの利用しないクレジットカードの存在により、審査が厳しくなるという問題があります。そこで、信販会社系の保証を受ける場合は、不要なクレジットカードは全て解約してからカードローンを契約するのが重要になります。基本的には5社以上の契約がある場合、多重債務と見做されてしまうため、利用頻度の高いクレジットカードを1枚ないしは2枚残し、解約するのがおすすめです。年会費が無料だからと考えて契約すると必要な時に、必要な金融商材を契約出来なくなってしまいます。

楽天銀行スーパーローンの魅力を検証

今まで銀行のカードローンを利用する時は都市銀行のカードローンを選ぶ人が多かったのですが、最近になってインターネットの発達によりネット銀行のカードローンを選ぶ人が多くなってきています。ネット銀行の中でも楽天銀行スーパーローンの人気が高い傾向がありこれからも利用者がどんどん増えていきそうです。そこで楽天銀行スーパーローンの魅力を検証していく事にしましょう。

楽天銀行などネット銀行は店舗や契約機が設置されていないので申し込みはインターネットのみになります。しかし最近ではスマートフォンの普及によって誰でもインターネット環境が整っている状態です。そのためインターネットで申し込める方が便利に感じてしまうのでその辺りに楽天銀行スーパーローンの魅力を感じてしまう人も多いようです。

楽天銀行スーパーローンは上限金利が14.5%に設定されていて都市銀行のカードローンの上限金利とほぼ同じです。そのため都市銀行のカードローンと同等の金利で借り入れが出来るというのも魅力と言えます。また楽天銀行スーパーローンは借入希望額が300万円以下だと収入証明書が不要だったり専業主婦の利用が可能だったりするのでいろいろな人にとってメリットになるのが魅力でもあります。

金融機関から見るおまとめローンの審査が厳しい理由

おまとめローンは複数の金融機関からの複数の融資を一社の金融機関からの一つの融資にまとめる金融商品です。

おまとめローンを利用することによって、複数の借金の管理が簡素化されますし、金利が下がることが多いですから、借金全体の金額は変わらないものの、総返済額を減らすことができるなどのメリットがあります。ただし、おまとめローンのメリットを受けるためには金融機関の審査に通る必要があります。ただし、おまとめローンの審査は通常のキャッシングやカードローンの審査より厳しいと一般的には理解されています。

おまとめローンの審査が厳しい理由は金融機関側から考えてみるとよくわかります。

おまとめローンの利用希望者は多重債務者ということであり、複数の借入を一本にまとめることは金融機関にとって融資額が大きくなる融資です。このように考えてみれば金融機関にとってはおまとめローンの融資は高リスクの融資ということになりますから、審査を厳しくせざると得ないという事情があるのです。

キャッシング審査で見られるところ

当然ですがキャッシング業者はお金を貸すことを生業にしています。つまりは、それで稼ぐ、ということです。ですから、積極的によい人には貸したいと考えています。これは利用する側としては有難いことでしょう。しかし、だからといって誰にでも貸す、ということはありませんからそれは勘違いしないことです。あくまで重要になってくるのはその人の収入になります。

まず、貸金業であれば総量規制というのがあります。これは年収の三分の一以下しか貸すことができない、となっている規制になります。ですから、まず、そもそも収入がない人には貸すことができないのです。その点においてはかなりよくよく考えておいた方が良いでしょう。

つまりは、無職には利用できないサービスとなります。しかし、銀行系は総量規制が適用されないようになっていますから、無職の人でも貸してくれるのかどうかは別にしても制度的には貸してもよいことになっています。審査で見られるのが収入であるのは別に銀行系でも同じです。あとは、他にお金を借りていないか、借りているとしても返済に遅滞がないのか、ということを審査されるわけです。それで貸せるかどうか、或いは上限はいくらかを決められることになります。