専業主婦が銀行カードローンに申し込みをする時の2つの注意点

専業主婦は収入がないのでキャッシングをする時は総量規制の対象外になっている銀行カードローンを利用する事になります。最近では専業主婦に積極的に貸付を行っている銀行カードローンも増えてきているので専業主婦でもキャッシングをしやすくなっています。しかし申し込みをする時に注意したい点があるのでしっかり確認しておく必要があります。そこで専業主婦が銀行カードローンに申し込みをする時にどのような点に注意すればいいのか確認していきましょう。

・借入希望額を少なくする

専業主婦が銀行カードローンを利用してキャッシングする時は限度額が30万円から50万円までになる事が多いです。それで借入希望額を多くしてしまうと審査の時に返済能力を疑われてしまいます。それで審査に落ちてしまう事もあるので申し込みをする時に借入希望額を少なくするようにしましょう。

・嘘の情報を申告しないようにする

専業主婦は正社員に比べて審査が不利になる事が多いので出来るだけ良いイメージを与えたいと考えてしまいます。それで申し込みをする時に見栄を張って嘘の情報を申告してしまう人もいます。しかし嘘の情報を申告してしまうと信用情報を確認したりしてすぐバレてしまいます。それで審査に落ちてしまうので嘘の情報は申告しないようにしましょう。

銀行カードローンと消費者金融のカードローンの審査を同時に受ける方法はあるの?

銀行カードローンと消費者金融のカードローンを同時に申し込みした場合、個人信用情報に照会履歴が残ってしまい申し込みブラックとなることが知られています。しかし、どうしても現金を調達する必要がある場合、同じタイミングで申し込みができ、片方の審査を通過出来ればと考えてしまいます。しかし、銀行カードローンの場合、日本国内にある3つの個人信用情報機関に照会情報が登録されてしまうため、1回審査に落ちてしまうことのリスクが大きくなります。しかし、このような場合、三井住友銀行カードローンを最初に申し込みするのがおすすめです。

三井住友銀行カードローンの場合、保証委託先がSMBCコンシューマーファイナンスとなるため、審査が通な出来なかった場合、プロミスの契約申込を勧められるケースがあります。この場合、保証会社での審査が完了し、融資可能と判断されるため、改めて申し込みを行う必要が無くなります。申し込みブラックを回避出来る上、短時間で契約手続きを行うことが出来るというメリットも生じます。また、他の銀行カードローンとは異なり、即日で融資を受けられるよう、サービスも充実しているのが特徴です。1回の申し込みで、2社分の審査を受けられるのは、突発的な出費が生じた場合、より確実にキャッシング契約を行い方にはおすすめ出来るものとなります。