三井住友銀行カードローンで返済能力があると判断されても審査に落ちてしまう2つの理由

三井住友銀行カードローンの審査では安定した収入を得ていて返済能力がある点を重視します。それで返済能力があると判断されると審査に可決される可能性も高くなります。しかし返済能力があると判断されても審査に落ちてしまう事もあるので注意が必要です。そこで返済能力があると判断されても審査に落ちてしまう理由を挙げていく事にしましょう。

・勤続期間は1ヶ月未満

三井住友銀行カードローンでは勤続期間も重視していて1年以上あると審査が有利になります。しかし勤続期間が1ヶ月未満だと仕事を転々としているという印象を持たれてしまうので返済能力があると判断されても審査に落ちてしまいます。三井住友銀行カードローンを利用する時は最低でも3ヶ月以上の勤続期間は必要です。

・クレジットカードを支払延滞している事が多い

三井住友銀行カードローンでは信用情報機関にアクセスして信用情報を確認します。信用情報にはクレジットカードの利用した履歴が残っていて期日までにしっかり支払っていれば実績として残っています。しかしクレジットカードの支払いを延滞している事が多いとカードローンの返済も延滞する可能性があると判断されてしまいます。クレジットカードを支払延滞している事が多い人は審査に落ちる可能性が高いので注意が必要です。

キャッシングの審査をどうしても通したい人へ

なんとかしてキャッシングやカードローンの審査を通したいと思っている人に注意して欲しいポイントを紹介したいと思います。

キャッシング審査で重要視されるのはズバリ返済能力です。
そのため勤務先のデータはかなり重要です。

基本的に審査に必要なのは運転免許証などの本人確認の書類だけなのですが、確実に審査に通したいなら書類を追加するといいんです。

例えば、サラリーマンなら運転免許証よりも会社の社会保険証のほうがポイントは高いです。
これに給与明細をセットして申し込みをするとよほどのことがない限り審査に落ちるということはないと思います。

もちろん過去の支払い履歴で滞納や延滞があるようだと審査に落ちてしまうかもしれません。