キャッシング審査で見られるところ

当然ですがキャッシング業者はお金を貸すことを生業にしています。つまりは、それで稼ぐ、ということです。ですから、積極的によい人には貸したいと考えています。これは利用する側としては有難いことでしょう。しかし、だからといって誰にでも貸す、ということはありませんからそれは勘違いしないことです。あくまで重要になってくるのはその人の収入になります。

まず、貸金業であれば総量規制というのがあります。これは年収の三分の一以下しか貸すことができない、となっている規制になります。ですから、まず、そもそも収入がない人には貸すことができないのです。その点においてはかなりよくよく考えておいた方が良いでしょう。

つまりは、無職には利用できないサービスとなります。しかし、銀行系は総量規制が適用されないようになっていますから、無職の人でも貸してくれるのかどうかは別にしても制度的には貸してもよいことになっています。審査で見られるのが収入であるのは別に銀行系でも同じです。あとは、他にお金を借りていないか、借りているとしても返済に遅滞がないのか、ということを審査されるわけです。それで貸せるかどうか、或いは上限はいくらかを決められることになります。