働き方に左右されず申し込みが可能なキャッシング

消費者金融のキャッシングは、銀行のローン商品と比べると金利が高いというデメリットな面があります。それにもかかわらず消費者金融のキャッシングの利用者が多いのには理由があります。それは銀行から融資を受けるのと比較して消費者金融のキャッシングの方がりいう条件が厳しくはないからです。たとえば、銀行から融資を受けたいという場合には担保や保証人が必要となってきますし、アルバイトやパートとして働いている人や個人事業主として働いている人は審査に落とされてしまう可能性がとても高いといわれています。

また、銀行から融資を受けたというときには審査に時間が掛かってしまうという点もすぐにお金を借りたい人には厄介なところです。それに対して消費者金融のキャッシングでは保証人も必要ありませんし、担保となるものも必要ありません。また、アルバイトやパート、個人事業主として働いている人でも月々の収入が安定しているという条件さえ満たしていれば申し込み条件を満たしていることになるので特に問題はありません。アルバイトやパート、個人事業主の方でお金を借りたいという人はまず最初に消費者金融のキャッシングを申し込まれてはいかがでしょうか。

専業主婦が銀行カードローンに申し込みをする時の2つの注意点

専業主婦は収入がないのでキャッシングをする時は総量規制の対象外になっている銀行カードローンを利用する事になります。最近では専業主婦に積極的に貸付を行っている銀行カードローンも増えてきているので専業主婦でもキャッシングをしやすくなっています。しかし申し込みをする時に注意したい点があるのでしっかり確認しておく必要があります。そこで専業主婦が銀行カードローンに申し込みをする時にどのような点に注意すればいいのか確認していきましょう。

・借入希望額を少なくする

専業主婦が銀行カードローンを利用してキャッシングする時は限度額が30万円から50万円までになる事が多いです。それで借入希望額を多くしてしまうと審査の時に返済能力を疑われてしまいます。それで審査に落ちてしまう事もあるので申し込みをする時に借入希望額を少なくするようにしましょう。

・嘘の情報を申告しないようにする

専業主婦は正社員に比べて審査が不利になる事が多いので出来るだけ良いイメージを与えたいと考えてしまいます。それで申し込みをする時に見栄を張って嘘の情報を申告してしまう人もいます。しかし嘘の情報を申告してしまうと信用情報を確認したりしてすぐバレてしまいます。それで審査に落ちてしまうので嘘の情報は申告しないようにしましょう。

キャッシングの申し込み前に確認しておくこと

キャッシングをしようと申し込みをした時に、審査に1度落ちてしまったならばすぐに次を申し込みせず、一度個人信用情報機関を参照してみると良いでしょう。仮審査段階で落ちてしまう状態ならば、元々金融業者が求めている信用力や属性と合っていないわけですから、別の金融業者を探すことになります。しかし、本審査で落ちた場合には、原因を突き止めるまでは次の申し込みは焦らないことが重要です。

金融業者が加盟している個人信用情報機関は、信販会社が利用しているCICを共通で採用していることが多く、審査落ちした金融業者が加盟している個人信用情報機関へ信用情報開示請求を行なうと状況が確認出来ます。申込時に記入した内容と、個人信用情報機関に登録されている内容に矛盾がある場合には、審査に通らないことが確かだからです。個人信用情報機関への開示請求を行っても問題点が無ければ、貸金業法に基づく総量規制に引っかかっていないか確認する必要があります。

信販会社と消費者金融が行っているキャッシングでは、総量規制の範囲内までの貸付に制限されているので、既に他社の利用可能枠合計額が総量規制に抵触すると審査申し込みを行っても通りません。最初から適用法律が異なる銀行カードローンを利用すれば良いと分かります。