キャッシングの本人確認で、借り入れがバレることはありません。

キャッシングは気軽るにお金が借りられる便利なサービスですが、利用時に気になるのが借り入れが外部にバレないかということです。特に、キャッシングに申込む際には勤務先の記入が必要で、勤務先へ本人確認が行なわれるので、職場にキャッシングの利用がバレないか、心配になるものです。

でも、心配はいりません。

まず、消費者金融のキャッシングを利用した場合、職場への在籍確認は個人名でおこなれます。消費者金融の名前を告げる事はないので大丈夫です。銀行カードローンを利用する場合には、銀行名で在籍確認が行なわれる場合が多いのですが、銀行からの連絡であれば、預金や各種ローン関係の連絡と思われるので、問題ありません。

キャッシングの利用者が職場で在籍していることを、業者は確かめなければならないので在籍確認はほとんどのケースで行なわれますが、それによってキャッシングの利用情報が外部に漏れることはないので心配する必要はありません。

キャッシングの本人確認、何が必要?

スピーディーに対応してくれるのが、キャッシングのよさです。誰に遠慮することなく、気軽に借り入れをおこなうことができます。

キャッシングに初めてトライする方からは、「本人確認書類、何が必要なの?」という質問はよく聞かれます。
本人確認書類はキャッシングブランドが「この人は本当に返済能力がある人なのか」を客観的に判断をする大切な書類のひとつです。

面倒だからと本人確認の書類などを送らずにいると、審査がスムーズに進まず、場合によっては借り入れ不能となってしまうこともあります。
スムーズな借り入れのためには「丁寧に本人確認書類をそろえる」ことが大切になります。

一般的なキャッシングの場合、本人確認書類として認められるのが、「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」などになります。運転免許証を送る場合、「引っ越しをした方」は忘れずに裏面の住所もコピーして送りましょう。

パスポートは表面ではなく住所や写真が載っている箇所をコピーするので、間違えないようにしてください。

海外に籍がある方は在留カードや特別永住者証明書などをプラスすることも、お忘れなく…。
またこのほかにも、源泉徴収票や給与明細書を求められる場合もあります。

必要書類はキチンとそろえて不備のないようにすると、スピーディーにキャッシングが進みますよ。