キャッシング審査と家族構成

キャッシング業者の公式サイトでは申込みフォームが用意されています。
また、お試し診断のような簡易的な審査を用意してある業者もあります。

この違いは入力項目にあります。

一般的にお試し診断のような簡易審査では、年収や他社借入れなど最低限の項目しかありません。

これで、自社の実績などのデータから総量規制などに引っかからない融資額を提示しています。
ところが、通常の申込みとなると、入力項目は一気に増えます。

いわゆる個人情報に関するものばかりです。

そのなかに家族構成があります。
一見、キャッシングの審査とは関係なさそうではありますが、実はそうでもありません。

というのも、キャッシングの審査では返済能力が問われることになるのですが、
そのなかで可処分所得というのが結構ポイントになります。

つまり自由に使えるお金はいくらかということです。

例えば、これから教育費が沢山かかるような子供がいる人と独身者の場合、
年収が同じなら独身者のほうが、あきらかに自由になるお金は多いということになります。

家族構成によって、この可処分所得は大きく変わってくるので、審査では重要な項目になっているんです。