キャッシングでは意外と見逃せない手数料

キャッシングは元金や利息以外にも支払っているお金があります。

それが手数料です。

手数料はATMなどからキャッシングや返済を行なう際に発生していますが、自働で処理されるためあまり支払っているという感覚がありません。

しかし、頻繁にキャッシングや返済でATMを使用する場合には手数料だけでも金額がかさんでしまう場合もあります。

できるだけ無駄な出費を抑えるために手数料がかからないキャッシングや返済方法を考えておくことも大切です。

銀行カードローンはコンビニATMと提携しているところも多くあるので、手数料が無料になるところも多くあります。

消費者金融では「新生銀行レイク」など時間帯にはよるもののほとんどのATMで手数料が無料になる会社もあるほか、振込キャッシングを利用することで手数料が無料になる消費者金融もあるので、それらを利用することでよりお得にキャッシングをすることも可能です。

消費者金融や銀行カードローンは初めから高額のキャッシングをすることは難しいため、低額のキャッシングを複数回利用することが多くなりがちです。

そのためキャッシングの利用はお金だけ用意できれば良いというわけではなく、手数料を意識することが上手な利用法といえます。

カードローンでキャッシング

去年、遂に貯金額がゼロになってしまい、更に引っ越しをしなければならない状況になってしまいました。

今までお金を借りた事がないのが小さな自慢でした。しかし借金をするしかありません。誰にも相談出来ませんでした。

親や友達にも話す事が出来ない、かと言ってカードローンはかなり抵抗がある。でもどんどん時間が無くなっていく。

他に方法が無いかと考えましたが、遂にカードローンを借りる決心がつきました。

今はネットで何でも情報が手に入る時代です。各社の比較もしやすく、口コミで評判などもみる事が出来る。

月々の返済方法、返済の仕方、繰り上げ返済、利息、金利、期間、申込の仕方などを自分で調べていくうちに安心感が生まれてきました。

申込で分からない箇所や審査などでコールセンターとやり取りしましたが、担当の方が非常に丁寧にに対応してくれました。

電話でも相手と話す事で不安も減り、自分の状況もネットで逐一確認する事が出来ます。

計画的に借りてゆっくり返済。余裕があるときに繰り上げ返済をしていけば生活費が圧迫される事もありませんでした。

借りる前に自分があれこれ悩んでいたのが恥ずかしいですね。自分の中で勝手に悪いイメージがあっただけでした。

カードローンは本当に困っている人の味方だと思います。

キャッシングの利息の計算について

多くのキャッシング業者は日割りで利息を計算してくれます。必ずぴったり一年、一ヵ月単位で借りるわけではないのですから、日割りで借りることもできるようになっています。基本的に早く返すことによって利息は抑えることができます。一括返済が最もお勧めできる理由はこれになります。少しでも金利を抑えたいと考える人は多いでしょう。とりあえず貸してくれることが何より有難いという場合もありますが、そうではなく少しでも金利が低いところから借りるようにするべきでしょう。借り換えも検討するべきです。一度借りたところからずっと借りていないといけないわけではないです。

キャッシングはいくら借りて、そしていつまでに返さないといくらの利息が発生するのか、というのを明確に把握しておきますと何かと役に立ちます。実際、利息は借りている金額によって違うことになりますが、10万円単位であればそれこそ一ヵ月で何千円もかからないことが多いです。その為、約定返済で気軽に返済していくこともよいのですが、それでも利息は利息になります。少しでも早く返すことによって抑えられるわけですから、それは絶対にするようにしたほうがよいでしょう。そこは大事なポイントです。

キャッシングで即日融資を受けるには

キャッシングで即日融資を受けたい場合、平日の銀行営業時間内なら、可能な金融業者が主流になっていますが、最近では土日や夜でも即日融資に対応している所があります。

平日にキャッシングを即日で受けたい時、決めた金融業者にネット上のサイトか、店頭窓口、無人の契約機などを利用して契約が完了すると、15時前なら指定口座に振り込みが可能となり、以降の時間だと無人の契約機コーナーでカードを発行すれば、店舗ATMや提携ATMなどでキャッシングを即日で受けられます。

土日や夜即日キャッシングを受けたい場合、業者によっては無人の契約機が営業時間内であれば、即日キャッシングができます。また、夜でも業者が指定するネットバンクに口座があれば、即日に振り込んでくれるサービスがあり、色々な形で即日キャッシングに対応しています。

時間が無いなどで、店頭窓口や無人の契約機に行くことができない時には、パソコンやスマホなどから申し込みから契約まで完結ができ、都合の良い時に無人の契約機でカードを受け取ることができます。

店頭や無人の契約機に行って、キャッシングを即日受ける場合でも、事前にネット上のサイトから申し込み手続きをしておくと、契約時スムーズになりスピーディーな即日融資が受けられます。

キャッシングの申し込み前に確認しておくこと

キャッシングをしようと申し込みをした時に、審査に1度落ちてしまったならばすぐに次を申し込みせず、一度個人信用情報機関を参照してみると良いでしょう。仮審査段階で落ちてしまう状態ならば、元々金融業者が求めている信用力や属性と合っていないわけですから、別の金融業者を探すことになります。しかし、本審査で落ちた場合には、原因を突き止めるまでは次の申し込みは焦らないことが重要です。

金融業者が加盟している個人信用情報機関は、信販会社が利用しているCICを共通で採用していることが多く、審査落ちした金融業者が加盟している個人信用情報機関へ信用情報開示請求を行なうと状況が確認出来ます。申込時に記入した内容と、個人信用情報機関に登録されている内容に矛盾がある場合には、審査に通らないことが確かだからです。個人信用情報機関への開示請求を行っても問題点が無ければ、貸金業法に基づく総量規制に引っかかっていないか確認する必要があります。

信販会社と消費者金融が行っているキャッシングでは、総量規制の範囲内までの貸付に制限されているので、既に他社の利用可能枠合計額が総量規制に抵触すると審査申し込みを行っても通りません。最初から適用法律が異なる銀行カードローンを利用すれば良いと分かります。

キャッシング審査で見られるところ

当然ですがキャッシング業者はお金を貸すことを生業にしています。つまりは、それで稼ぐ、ということです。ですから、積極的によい人には貸したいと考えています。これは利用する側としては有難いことでしょう。しかし、だからといって誰にでも貸す、ということはありませんからそれは勘違いしないことです。あくまで重要になってくるのはその人の収入になります。

まず、貸金業であれば総量規制というのがあります。これは年収の三分の一以下しか貸すことができない、となっている規制になります。ですから、まず、そもそも収入がない人には貸すことができないのです。その点においてはかなりよくよく考えておいた方が良いでしょう。

つまりは、無職には利用できないサービスとなります。しかし、銀行系は総量規制が適用されないようになっていますから、無職の人でも貸してくれるのかどうかは別にしても制度的には貸してもよいことになっています。審査で見られるのが収入であるのは別に銀行系でも同じです。あとは、他にお金を借りていないか、借りているとしても返済に遅滞がないのか、ということを審査されるわけです。それで貸せるかどうか、或いは上限はいくらかを決められることになります。

キャッシングの利息はどう計算されるの?

消費者金融の審査項目
http://www.mnri13.com/

キャッシングで借りたお金をちゃんと返せるめどはありますか?キャッシングというのは銀行や消費者金融からお金を借りる事ですよね。でも借りたお金そのままの値段で返済すれば良いわけではありません。元金だけではなくて利息を返す必要あるのです。ですから、返せるあてがなく返済を延滞してしまうとどんどん借金が膨れる事になります。ここではキャッシングの利息について解説します。

べらぼうに高い利息が付くわけではないので、早いうちに返済が可能なのであればそんなには、利息は恐れなくてかまいません。特に今では元金に上乗せできる利息の比率は国で決められていますから、本気になればすぐに返せるようになっています。ただ、消費者金融で借金して返済できない人もいるので、油断はせずにしっかりと返すめどは立てておきましょう。

キャッシングサービスの利子は年利を基準にして決められ事になります。つまりは1年に何%と決められたパーセンテージを元金にかけて利子は決まるのです。ですが、キャッシングの利用者は少額の人も多いですから、1か月後にⅠ括という返し方をする事もよくあります。そのために、キャッシングの場合は年利を1年の365で割ってⅠ日の利子を出して、それに借りてから返済するまでの日数をかけて利息が決まります。したがってなるべく利息を抑えて返済しようと思うなら、少ない金額を借り早く返すのが得策という事になります。キャッシングの場合簡単に借りれるのですが、その分借金という意識が薄れて計画も立てずに思いのままにお金を借りてしまう人がいます。キャッシングの利用は計画的にしないと痛い目に合うでしょう。

すぐに返せばキャッシングの利息は怖くない

長らくキャッシングというもの、消費者金融というものは敬遠してきました。

それは基本的に借金というものが好きではなかったことと、何より、利息に対して非常に危機感を持っていたからです。

キャッシングの利息というと、非常に高利で、ちょっと借りてもかなりの利息を払わなければらないイメージがありました。そのコストは無駄という理性的な判断と、得体のしれない恐怖を感じて、そもそもキャッシングから自分を遠い場所に置いていた、という感じです。

しかし、そうもいていられないことが起こりました。

日曜日に新幹線で2時間行った場所で友人の結婚式があり、招待されていた、ということに気付いたのが、金曜日の夜。間の悪いことに、給料日前で、現金がほとんど手元にもなく、なおかつちょっとか高い買い物をクレジットカードでしていて、それが決済されたばかりだったので、銀行口座にもあまり残高がありませんでした。クレジットカードは前述のように持っていましたが、まさか結婚式のお祝い金をカードで払うわけにもいきません。また2次会もおそらくありますが、その会費も現金で払うことが必要です。

そこで最後の手段で、ATMでクレジットカードのキャッシングで10万円借りました。本当にいくら利息が付くんだろうと思って、かなりドキドキものでした。

そしてそのお金で無事に結婚式を乗り切り、明けた月曜日には給料が振り込まれたので、すぐにキャッシングを返済に行きました。すると、あんなに恐怖を感じていた利息は、150円ほどでした。これなら、土日に銀行預金をおろす手数料よりも安いです。

結論としては、長く借りずにすぐ返すのであれば、利息はそれほど怖くない、ということがわかりました。これからは、考えを少し柔軟にしてキャッシングを有効活用しようと思います。

学生でもキャッシングは使える

学生はキャッシングを使えないと思われているかもしれませんが、そんなことはありません。しかし、もちろん、会社員などのようにしっかりとした収入があるわけではないので、借りにくいというのも事実です。

どのような学生がキャッシングを使えるのかといいますと、まず、アルバイトをしていて定期的な収入があることが求められます。収入がなければ返す当てもないわけで、これは当然のことでしょう。アルバイトも半年や一年と長期にわたって続けていることが求められます。ちょっとだけ働いているというだけでは、辞めてしまい収入が途絶してしまうかもしれないからです。

さらに、クレジットカードを使っていることが求められます。学生が信用できるのかという点を審査するのにあたって、何らかの情報をもとにしなければなりませんが、学生の場合は、借り入れの履歴といったものもないでしょうから、このクレジットカードの利用歴というのは、数少ない情報源ということになるからです。

さらに、このクレジットカードの利用歴において、滞納等がありますと、借りられないことになります。数少ない情報源であるにもかかわらず、そこで否定的な情報が示されているのですから、仕方がないでしょう。

このような点をクリアしていれば、学生でも借りることができますが、借りられると言っても十万くらいが限度です。総量規制で年収の三分の一までしか借りられないというのはありますが、学生はそこまでは貸してもらえません。

キャッシングの本人確認、何が必要?

スピーディーに対応してくれるのが、キャッシングのよさです。誰に遠慮することなく、気軽に借り入れをおこなうことができます。

キャッシングに初めてトライする方からは、「本人確認書類、何が必要なの?」という質問はよく聞かれます。
本人確認書類はキャッシングブランドが「この人は本当に返済能力がある人なのか」を客観的に判断をする大切な書類のひとつです。

面倒だからと本人確認の書類などを送らずにいると、審査がスムーズに進まず、場合によっては借り入れ不能となってしまうこともあります。
スムーズな借り入れのためには「丁寧に本人確認書類をそろえる」ことが大切になります。

一般的なキャッシングの場合、本人確認書類として認められるのが、「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」などになります。運転免許証を送る場合、「引っ越しをした方」は忘れずに裏面の住所もコピーして送りましょう。

パスポートは表面ではなく住所や写真が載っている箇所をコピーするので、間違えないようにしてください。

海外に籍がある方は在留カードや特別永住者証明書などをプラスすることも、お忘れなく…。
またこのほかにも、源泉徴収票や給与明細書を求められる場合もあります。

必要書類はキチンとそろえて不備のないようにすると、スピーディーにキャッシングが進みますよ。