おまとめローンを利用して良かった

最初は1社のカードを利用してたのですが、転職をきっかけに、会社で指定の銀行カードローンを作りいつの間にか便利なリボ払いを利用するようになりました。気がつけば限度額ぎりぎりの利用がかさみ、そんな折り引っ越しをすることになりまた転職。もう本当に余裕がなくなりました。たまたまCMで見かけたおまとめローンを知り、最初はこわごわでしたが、勇気をだしてお電話しました。

電話口ではとても落ち着いた口調の丁寧な対応だったのですごく安心しました。来店の日を決めて、早速来店。人には話せないお金の相談を、ここで話せて本当にスッキリしました。とても親身に相談に応じて頂き、色々提案していただきました。1人で抱えていた不安な気持ちがすっと晴れやかになり、おまとめローンにして本当によかったと思います。

カードローンでのおまとめローン!無駄な利息支払いになることも!

銀行や消費者金融のカードローンは、利用目的は原則的に自由ということからおまとめローンにも利用可能です。金利の高い消費者金融のキャッシングであれば、銀行カードローンでおまとめローンをする事で金利が下がり、総返済額は同じ返済期間であれば減少します。

ですが、カードローンでのおまとめローンでは、本来不要な利息が発生する可能があります。それは、おまとめローン時に利息込みの金額でまとめる場合です。結果、利息に利息が上乗せされてしまい無駄が生じてしまいます。そのため、カードローンでおまとめローンをする際は、利息だけは分離した方がお得になります。少額のおまとめローンであれば、発生する利息は少ないものの、限度額上限で借り入れしている分については要注意です。

おまとめローンの利用時に考えておくべきこと

おまとめローンを利用することによって総返済額を少なくできたり、借入の管理を簡素化することができますが、おまとめローンを利用する前に考えておいたほうが良いことも少なくありません。
まずは、おまとめローンを利用するにはおまとめローンを提供する金融業者の審査に通らなければなりませんが、おまとめローンを申し込む人は多重債務者であることが前提であるので簡単には審査に通らないことです。これは金利条件などで有利なおまとめローンであればあるほど審査に通りにくくなります。
すなはち審査に通りやすいおまとめローンは金利があまり下がらない可能性が高いということを意味しています。

次におまとめローンの利用によって返って総返済額が増えてしまうことがあることです。おまとめローンの利用によって金利は下がりますが、月々の返済額が少ないような返済にしてしまうと返済期間が長期になってしまい、それによって利息額が加算でしまい、おまとめローンの利用前よりも総返済額が多くなってしまったろいうシャレにならない自体もありえます。おまとめローンの利用では返済シュミレーションなどによって月々の返済額をしっかりと検討すべきであると言っていいでしょう。

おまとめローンの審査を通りやすいようにする

おまとめローンは通常のキャッシングやカードローンよりも審査が厳しくなると考えられます。おまとめローンが複数の借入を一本化するローンであることから、金額が多額になることやおまとめローンを利用する人が多重債務者であることが審査が厳しくなる理由になります。

ただし、おまとめローンの審査に通りやすくするための対策も無いではありません。おまとめローンの審査の対策はいくつかありますが、もっとも有効であるとかんがえられるのは、すこしでも借入件数をおまとめローンの申込みの前に減らしておくことです。具体的には完済までの金額が少ないような借入は繰上げ返済などを利用して完済しておくことで借入件数を減らすことができ、おまとめローンの審査に通りやすくなります。

金融機関から見るおまとめローンの審査が厳しい理由

おまとめローンは複数の金融機関からの複数の融資を一社の金融機関からの一つの融資にまとめる金融商品です。

おまとめローンを利用することによって、複数の借金の管理が簡素化されますし、金利が下がることが多いですから、借金全体の金額は変わらないものの、総返済額を減らすことができるなどのメリットがあります。ただし、おまとめローンのメリットを受けるためには金融機関の審査に通る必要があります。ただし、おまとめローンの審査は通常のキャッシングやカードローンの審査より厳しいと一般的には理解されています。

おまとめローンの審査が厳しい理由は金融機関側から考えてみるとよくわかります。

おまとめローンの利用希望者は多重債務者ということであり、複数の借入を一本にまとめることは金融機関にとって融資額が大きくなる融資です。このように考えてみれば金融機関にとってはおまとめローンの融資は高リスクの融資ということになりますから、審査を厳しくせざると得ないという事情があるのです。