生活の「前提」が変わった時にはチャレンジしておきたい増額申し込み

いざという時のことを考えると、誰かから借りられる余地は多い方がいいわけですが、貸し手側の方もどれぐらいなら大丈夫かを考慮して融資するわけですから、時には融資額が不満足ということがあるかも知れません。
そうした時には「増額申し込み」を行うことで問題を緩和することができます。
とは言え、一般的な心理としては「何かの原因で散財してしまったのか」と思われがちな行動なだけに、増額を求める理由は説明できるように整理しておいた方がいいでしょう。

もっともベターな理由付けとしては、仕事を替えたり出世したりすることで給料が上がったので枠を増やしたい、というものでしょう。
正当な理由があればその分だけ枠が増える可能性がましていくだけに、良い意味で給料などの生活の前提が変わった場合は、忘れずに申し出ておくべきかも知れませんね。

個人間のお金の貸し借りを規定するのは出資法です

例えば友人同士でお金を貸し借りする場合があります。親しい仲なら金利を取ることはないかもしれませんが、当然金利を取ることもできます。
そして意外と知らないことですが、個人間のお金の貸し借りの金利は出資法の年109.5%という馬鹿高い金利を取ることが可能です。

金融機関から借りる際は利息制限法の年20%が上限ですが、その5倍以上の利息がかかります。
年109.5%と聞いてもピンと来ないかもしれませんが、10万円を1年借りた場合は総額20万9500円を返済する必要となるのです。
トラブル防止のために友達同士のお金の貸し借りでも、借用書を作成しておくことをオススメします。

この個人間のお金の貸し借りのふりをしてお金を貸し付けるのがソフト闇金です。
貸金業者として登録してしまうと年20%の金利しか取れないために、あくまでも個人間のお金の貸し借りのふりをして高い金利を取るのです。
しかもトイチ(10日で1割)やトサンという出資法の109.5%を遥かに超える金利をかけています。もちろん違法なので、万が一借りても元本を含め返済する必要はありません。

しかし個人情報は売り飛ばされて他の闇金から執拗な勧誘がありますし、弁護士や司法書士間に入ってもらうまでは厳しい取り立てが行われます。
ですから安易にソフト闇金から借りるべきではないのです。

カードローンとフリーローンの違い

お金を借りる際に、カードローンとフリーローンのどちらに申し込みをおこなったらよいのか迷ってしまう人もいます。

迷いを感じてしまった時には、両者の違いを理解しておくとよいでしょう。

まず、フリーローンは一度にお金を借りていくことになります。審査に申し込み融資を受けられることになったら、口座に希望額を一気に振り込んでもらえるのです。とにかく高額なお金が必要になったときに便利になるでしょう。その後は借りたお金を返済していきます。

一方カードローンは、融資を受けられる額が決まったら、その枠内で何度も利用できるメリットが出てきます。限度額いっぱいまで借りても、返済を行えば再度借入することができるのです。カードローンは、返済を行うことで何度でも利用できる点で、金銭的な不安を感じている人にとって心強い存在になるでしょう。

カードローンは、日常的に必要になる生活費や交際費を補填したいときに役立ってきます。周りにお金を借りられる人がいない時でも、カードローンの契約を行っておけば、銀行口座に振り込んでもらえたり、カードを利用してATMからお金を借りることもできるのです。

お金を借りる時には、フリーローンとの明確な違いを理解しておくとよいでしょう。

即日キャッシングの申し込みかた

お金がすぐ欲しい、という状況は急にやってくるものです。ですから、心の準備をしようとしてもできないわけです。

しかしながら、明日急に10万円以上のお金を用意するというのはかなりハードルが高いと言えるでしょう。

そしてキャッシング会社に申し込みをしていない状態では、なかなか工面をするのはむつかしいように思えます。

ただ、即日キャッシングというサービスを使えば、それが簡単にかなうわけです。

申し込みは非常に簡単で、ネットから自分の情報を入力して審査を待つだけです。

最短で30分程度で審査が終わってすぐにお金が借りられることもあります。

特に銀行系のカードローン・キャッシングの場合は口座を持っているとさらに便利でスピーディに申し込みができます。