学生でもキャッシングは使える

学生はキャッシングを使えないと思われているかもしれませんが、そんなことはありません。しかし、もちろん、会社員などのようにしっかりとした収入があるわけではないので、借りにくいというのも事実です。

どのような学生がキャッシングを使えるのかといいますと、まず、アルバイトをしていて定期的な収入があることが求められます。収入がなければ返す当てもないわけで、これは当然のことでしょう。アルバイトも半年や一年と長期にわたって続けていることが求められます。ちょっとだけ働いているというだけでは、辞めてしまい収入が途絶してしまうかもしれないからです。

さらに、クレジットカードを使っていることが求められます。学生が信用できるのかという点を審査するのにあたって、何らかの情報をもとにしなければなりませんが、学生の場合は、借り入れの履歴といったものもないでしょうから、このクレジットカードの利用歴というのは、数少ない情報源ということになるからです。

さらに、このクレジットカードの利用歴において、滞納等がありますと、借りられないことになります。数少ない情報源であるにもかかわらず、そこで否定的な情報が示されているのですから、仕方がないでしょう。

このような点をクリアしていれば、学生でも借りることができますが、借りられると言っても十万くらいが限度です。総量規制で年収の三分の一までしか借りられないというのはありますが、学生はそこまでは貸してもらえません。