キャッシングの審査をどうしても通したい人へ

なんとかしてキャッシングやカードローンの審査を通したいと思っている人に注意して欲しいポイントを紹介したいと思います。

キャッシング審査で重要視されるのはズバリ返済能力です。
そのため勤務先のデータはかなり重要です。

基本的に審査に必要なのは運転免許証などの本人確認の書類だけなのですが、確実に審査に通したいなら書類を追加するといいんです。

例えば、サラリーマンなら運転免許証よりも会社の社会保険証のほうがポイントは高いです。
これに給与明細をセットして申し込みをするとよほどのことがない限り審査に落ちるということはないと思います。

もちろん過去の支払い履歴で滞納や延滞があるようだと審査に落ちてしまうかもしれません。

フリーランスのキャッシング審査

時代の流れかフリーランスとして活動している人も年々増えてきています。

こうしたフリーランスの場合、キャッシングの審査はどうなるんでしょうか?

実はフリーランスの場合もサラリーマンと同じようなステップで審査が行われます。

ただ、在籍確認は取りづらいのでは?と思うかもしれませんが、フリーランスとは言え、どこかの会社に所属していたりチームで活動していたりするので、そこで在籍確認が取れれば問題ないそうです。

あくまでも活動の実態が確認できればいいという感じのようです。

また、収入証明についても確定申告書の控えや委託契約書などがあれば、審査で多少は有利になるようですが、絶対という感じではなさそうです。

できるなら用意したほうがいいというレベルのようです。

キャッシング審査と家族構成

キャッシング業者の公式サイトでは申込みフォームが用意されています。
また、お試し診断のような簡易的な審査を用意してある業者もあります。

この違いは入力項目にあります。

一般的にお試し診断のような簡易審査では、年収や他社借入れなど最低限の項目しかありません。

これで、自社の実績などのデータから総量規制などに引っかからない融資額を提示しています。
ところが、通常の申込みとなると、入力項目は一気に増えます。

いわゆる個人情報に関するものばかりです。

そのなかに家族構成があります。
一見、キャッシングの審査とは関係なさそうではありますが、実はそうでもありません。

というのも、キャッシングの審査では返済能力が問われることになるのですが、
そのなかで可処分所得というのが結構ポイントになります。

つまり自由に使えるお金はいくらかということです。

例えば、これから教育費が沢山かかるような子供がいる人と独身者の場合、
年収が同じなら独身者のほうが、あきらかに自由になるお金は多いということになります。

家族構成によって、この可処分所得は大きく変わってくるので、審査では重要な項目になっているんです。

お試し診断の信ぴょう性

キャッシング会社の公式サイトでは、お試し診断のような簡易的な審査をしていることがよくあります。
3秒審査とか10秒審査と呼ばれているやつです。

この審査ってどれくらいの信ぴょう性があるんでしょうか?

実は審査には仮審査と本審査があります。

仮審査は、最低限の条件を満たしているかどうかを判定しています。

なので、この仮審査を通過できない人は本審査に通ることはまずありません。
本審査では仮審査のときの入力情報に加えてさらに詳しく聞かれることになります。

また、勤務先などは、本当に勤務しているかどうか確認のための在籍確認をとることになります。

仮審査のときは数秒で終わっていた審査も本審査では数十分から1時間ほどかかることになります。

審査にパスすると契約が完了すると晴れて現金をてにすることができます。