生活の「前提」が変わった時にはチャレンジしておきたい増額申し込み

いざという時のことを考えると、誰かから借りられる余地は多い方がいいわけですが、貸し手側の方もどれぐらいなら大丈夫かを考慮して融資するわけですから、時には融資額が不満足ということがあるかも知れません。
そうした時には「増額申し込み」を行うことで問題を緩和することができます。
とは言え、一般的な心理としては「何かの原因で散財してしまったのか」と思われがちな行動なだけに、増額を求める理由は説明できるように整理しておいた方がいいでしょう。

もっともベターな理由付けとしては、仕事を替えたり出世したりすることで給料が上がったので枠を増やしたい、というものでしょう。
正当な理由があればその分だけ枠が増える可能性がましていくだけに、良い意味で給料などの生活の前提が変わった場合は、忘れずに申し出ておくべきかも知れませんね。

即日キャッシングの申し込みかた

お金がすぐ欲しい、という状況は急にやってくるものです。ですから、心の準備をしようとしてもできないわけです。

しかしながら、明日急に10万円以上のお金を用意するというのはかなりハードルが高いと言えるでしょう。

そしてキャッシング会社に申し込みをしていない状態では、なかなか工面をするのはむつかしいように思えます。

ただ、即日キャッシングというサービスを使えば、それが簡単にかなうわけです。

申し込みは非常に簡単で、ネットから自分の情報を入力して審査を待つだけです。

最短で30分程度で審査が終わってすぐにお金が借りられることもあります。

特に銀行系のカードローン・キャッシングの場合は口座を持っているとさらに便利でスピーディに申し込みができます。

キャッシングの申し込み前に確認しておくこと

キャッシングをしようと申し込みをした時に、審査に1度落ちてしまったならばすぐに次を申し込みせず、一度個人信用情報機関を参照してみると良いでしょう。仮審査段階で落ちてしまう状態ならば、元々金融業者が求めている信用力や属性と合っていないわけですから、別の金融業者を探すことになります。しかし、本審査で落ちた場合には、原因を突き止めるまでは次の申し込みは焦らないことが重要です。

金融業者が加盟している個人信用情報機関は、信販会社が利用しているCICを共通で採用していることが多く、審査落ちした金融業者が加盟している個人信用情報機関へ信用情報開示請求を行なうと状況が確認出来ます。申込時に記入した内容と、個人信用情報機関に登録されている内容に矛盾がある場合には、審査に通らないことが確かだからです。個人信用情報機関への開示請求を行っても問題点が無ければ、貸金業法に基づく総量規制に引っかかっていないか確認する必要があります。

信販会社と消費者金融が行っているキャッシングでは、総量規制の範囲内までの貸付に制限されているので、既に他社の利用可能枠合計額が総量規制に抵触すると審査申し込みを行っても通りません。最初から適用法律が異なる銀行カードローンを利用すれば良いと分かります。

金融機関から見るおまとめローンの審査が厳しい理由

おまとめローンは複数の金融機関からの複数の融資を一社の金融機関からの一つの融資にまとめる金融商品です。

おまとめローンを利用することによって、複数の借金の管理が簡素化されますし、金利が下がることが多いですから、借金全体の金額は変わらないものの、総返済額を減らすことができるなどのメリットがあります。ただし、おまとめローンのメリットを受けるためには金融機関の審査に通る必要があります。ただし、おまとめローンの審査は通常のキャッシングやカードローンの審査より厳しいと一般的には理解されています。

おまとめローンの審査が厳しい理由は金融機関側から考えてみるとよくわかります。

おまとめローンの利用希望者は多重債務者ということであり、複数の借入を一本にまとめることは金融機関にとって融資額が大きくなる融資です。このように考えてみれば金融機関にとってはおまとめローンの融資は高リスクの融資ということになりますから、審査を厳しくせざると得ないという事情があるのです。

フリーターですがアコムの審査に通ることができました

アルバイト先の仲間がアコムでお金を借りたことがあると言っていたので私もアコムに申し込んでみることにしました。フリーターでもアコムなら審査に通るから大丈夫だと言われていましたが本当に借りられるのか疑問だったので半分ダメ元で申し込みをしました。

私がお金を借りたいと思ったのは新しいスマホを買いたかったからです。欲しいスマホを買うには3万円ほど足りなかったのでその分を借りたいと思っていました。申し込みはアルバイト先で使っているパソコンから行いました。アコムのホームページにある申し込み用の専用ページに必要事項を記入して送信すると20分ほどして私のスマホにアコムの担当者から電話がかかってきました。そこで申し込みをした本人だということを伝えたり簡単な質問に答えました。

その後、今度は私のメールアドレスにアコムから正式に申し込みをするためのURLが記されたメールが届きました。そのURLにリンクされたサイトから審査に必要な必要書類を送信して手続きは終了しました。そのあと本人確認の電話があったりして審査も無事に通ることができました。難しいことは特に何も無くて短時間で済みました。

アコムの審査は早いと言われていましたが本当に早くて私の場合は申し込みをしてから審査に通ったことが判るまで1時間ほどでした。審査には通りましたが借入限度額というものがあり私がキャッシングで借りられる金額は10万円までという制限がありました。それでも10万円まで借りられるのは私はとても有難いと感じました。

学生でもキャッシングは使える

学生はキャッシングを使えないと思われているかもしれませんが、そんなことはありません。しかし、もちろん、会社員などのようにしっかりとした収入があるわけではないので、借りにくいというのも事実です。

どのような学生がキャッシングを使えるのかといいますと、まず、アルバイトをしていて定期的な収入があることが求められます。収入がなければ返す当てもないわけで、これは当然のことでしょう。アルバイトも半年や一年と長期にわたって続けていることが求められます。ちょっとだけ働いているというだけでは、辞めてしまい収入が途絶してしまうかもしれないからです。

さらに、クレジットカードを使っていることが求められます。学生が信用できるのかという点を審査するのにあたって、何らかの情報をもとにしなければなりませんが、学生の場合は、借り入れの履歴といったものもないでしょうから、このクレジットカードの利用歴というのは、数少ない情報源ということになるからです。

さらに、このクレジットカードの利用歴において、滞納等がありますと、借りられないことになります。数少ない情報源であるにもかかわらず、そこで否定的な情報が示されているのですから、仕方がないでしょう。

このような点をクリアしていれば、学生でも借りることができますが、借りられると言っても十万くらいが限度です。総量規制で年収の三分の一までしか借りられないというのはありますが、学生はそこまでは貸してもらえません。

おすすめのキャッシング申し込み方法

キャッシングの申し込み方法は実にいろいろなものがあって、悩まれたり迷われる方も少なくはありません。カードローンの場合には郵送、窓口、契約機にネットなどありますが、その中でもおすすめはネット申し込みです。

というのもこのネット申し込みは他の申し込み方法と比べると非常に気軽で、スピードも早いです。自宅からできますし、外出中にスマフォからなんていう方法もあります。ですからネット申し込みはどんな状況においても、非常に便利だといえるのではないでしょうか。

ただし、ネット完結申し込みをすると融資はカードではなく、振込という形になります。そうなった時には、銀行営業時間に注意をしないといけません。銀行がしまっていては、融資を受けることができませんから、すぐにお金が必要な時、即日融資が必要な時にはこのネット完結申し込みには十分に注意をしないといけないということも、是非とも知っておいてください。

これらのことが参考になってくれればと思います。

キャッシングではお金の借り入れを比較してみる

キャッシング比較をすると、意外にそこまでの差がないことが分かります。

大手のほとんどの消費者金融は、その日に借りれて、しかも30分から1時間でお金を借りることが出来るようになっています。

一番の大手プロミス、アコムは30分での借り入れが可能で、他にも簡単に借りれる会社が多いのでビックリです。

消費者金融での借り入れでの最低金額は、1万円からの借り入れが可能で、条件によっては最大500万円まで借り入れ可能になって来ます。

消費者金融のキャッシングの金利は、だいたい4.5%~18.0%くらいになっています。

銀行系のキャッシングの場合は、少し利息が安くなっていまて、3%~14%くらいが相場になっています。

簡単な考え方をすると、消費者金融が貸し出しているお金は銀行が貸しているお金だと言えば、金利が高くなるのもうなずけると思います。

さらに、金利が多い理由にお金を借りることの出来るハードルが低いということでしょう。

簡単にお金を借りることが出来る反面、少し金利が高いのが消費者金融の特徴だということが言えます。
業者のなかには無利息期間があるキャッシングもあります。

借入先は自分で選ぶことが出来ますので、ネットで調べたりして自分に合った条件を探してから借り入れしましょう。

消費者金融のメリットってなに?

消費者金融でお金を借りるときって、
なんだか後ろめたい感じがする人も多いのではないでしょうか?

銀行や信販系のカードローンだとそれほど感じないのに、
消費者金融だと感じてしまうのは、以前のサラ金のイメージが強いのかもしれません。

そんな消費者金融も最近では、激変しています。

お金を借りるのに店舗に行く必要は全くなく
インターネットで申し込みから融資まで完結してしまう業者が沢山あります。

銀行では、まだまだ即日での融資やインターネットで
完結といった環境にある会社はすくないです。

ネットで完結するだけでなく、
申し込みから融資までがかなり速いのも消費者金融のメリットです。

業者が提携しているネット銀行があれば
時間を気にすることなくすぐに振り込み融資を受けることも可能です。

金利などの融資条件は銀行カードローンのほうがいいかもしれませんが、
実際に利用した場合の利便性は消費者金融のほうがいいかもしれません。

 

お試し診断のメリット

お金を借りるとき、できれば金利が安かったり使い勝手のいいキャッシング会社を利用したいと誰でも考えると思いますが、
実はそれほど簡単にはみつけることができないんです。

一般的にすごく借りやすい状況にある人はいるのは想像がつくと思います。

例えば、
大手の企業に勤めていて年収が高かったり公務員で収入が安定しているような人たちですね。

そうでない環境の人も沢山いると思いますが、
なるべく条件のいいところはないかとあちこちに申し込むと、
実は、それだけでどこからも借りれなくなる可能性があるんです。

どういうことかというと、
キャッシングなどの申し込みをすると、その履歴が信用情報機関に登録されます。

そして、その情報はすべての金融機関が閲覧することが可能です。

つまり、
どこかに借り入れの申し込みをすると業者にはすべて筒抜けになってしまうんです。

短期間に沢山の申し込みをすると、俗に申し込みブラックという状態になります。
業者からするとあまりに沢山の業者に申し込みをしているのは危険だと思われます。

こんなリスクを負ってまで申し込みをする必要はないんです。

ほとんどの人が借りれるかどうかが不安であちこちに申し込みを抱えていますが、
お試し診断を利用すると今どれくらいかりることができるかわかります。

しかも匿名で利用できるので安心だと思います。