保証会社の審査で注意することとは?

銀行系カードローンを契約する上で、一番の鬼門となるのが銀行が保証委託をする保証会社の審査です。基本的に契約出来るかどうかを判断する関門となりますが、保証委託先が信販会社である場合、消費者金融系の会社よりも審査が厳しくなります。審査時に重要視されるのは、他社借り入れ件数と総額ですが、クレジットカードの利用状況にも注意が必要です。信販会社は、クレジットカードの審査や与信判断のノウハウが蓄積されているため、複数枚のクレジットカードを所持している場合、いつでも借り入れが出来る状況と判断することになります。

今では、会員カードにクレジットカード機能が付帯するものが多く、ついついクレジットカードの枚数が増えていることがあります。しかし、実際には契約だけしたものの、殆ど利用しないものも多くあります。つまり、これらの利用しないクレジットカードの存在により、審査が厳しくなるという問題があります。そこで、信販会社系の保証を受ける場合は、不要なクレジットカードは全て解約してからカードローンを契約するのが重要になります。基本的には5社以上の契約がある場合、多重債務と見做されてしまうため、利用頻度の高いクレジットカードを1枚ないしは2枚残し、解約するのがおすすめです。年会費が無料だからと考えて契約すると必要な時に、必要な金融商材を契約出来なくなってしまいます。

楽天銀行スーパーローンの魅力を検証

今まで銀行のカードローンを利用する時は都市銀行のカードローンを選ぶ人が多かったのですが、最近になってインターネットの発達によりネット銀行のカードローンを選ぶ人が多くなってきています。ネット銀行の中でも楽天銀行スーパーローンの人気が高い傾向がありこれからも利用者がどんどん増えていきそうです。そこで楽天銀行スーパーローンの魅力を検証していく事にしましょう。

楽天銀行などネット銀行は店舗や契約機が設置されていないので申し込みはインターネットのみになります。しかし最近ではスマートフォンの普及によって誰でもインターネット環境が整っている状態です。そのためインターネットで申し込める方が便利に感じてしまうのでその辺りに楽天銀行スーパーローンの魅力を感じてしまう人も多いようです。

楽天銀行スーパーローンは上限金利が14.5%に設定されていて都市銀行のカードローンの上限金利とほぼ同じです。そのため都市銀行のカードローンと同等の金利で借り入れが出来るというのも魅力と言えます。また楽天銀行スーパーローンは借入希望額が300万円以下だと収入証明書が不要だったり専業主婦の利用が可能だったりするのでいろいろな人にとってメリットになるのが魅力でもあります。

キャッシング審査で見られるところ

当然ですがキャッシング業者はお金を貸すことを生業にしています。つまりは、それで稼ぐ、ということです。ですから、積極的によい人には貸したいと考えています。これは利用する側としては有難いことでしょう。しかし、だからといって誰にでも貸す、ということはありませんからそれは勘違いしないことです。あくまで重要になってくるのはその人の収入になります。

まず、貸金業であれば総量規制というのがあります。これは年収の三分の一以下しか貸すことができない、となっている規制になります。ですから、まず、そもそも収入がない人には貸すことができないのです。その点においてはかなりよくよく考えておいた方が良いでしょう。

つまりは、無職には利用できないサービスとなります。しかし、銀行系は総量規制が適用されないようになっていますから、無職の人でも貸してくれるのかどうかは別にしても制度的には貸してもよいことになっています。審査で見られるのが収入であるのは別に銀行系でも同じです。あとは、他にお金を借りていないか、借りているとしても返済に遅滞がないのか、ということを審査されるわけです。それで貸せるかどうか、或いは上限はいくらかを決められることになります。

キャッシングの本人確認、何が必要?

スピーディーに対応してくれるのが、キャッシングのよさです。誰に遠慮することなく、気軽に借り入れをおこなうことができます。

キャッシングに初めてトライする方からは、「本人確認書類、何が必要なの?」という質問はよく聞かれます。
本人確認書類はキャッシングブランドが「この人は本当に返済能力がある人なのか」を客観的に判断をする大切な書類のひとつです。

面倒だからと本人確認の書類などを送らずにいると、審査がスムーズに進まず、場合によっては借り入れ不能となってしまうこともあります。
スムーズな借り入れのためには「丁寧に本人確認書類をそろえる」ことが大切になります。

一般的なキャッシングの場合、本人確認書類として認められるのが、「運転免許証」「パスポート」「健康保険証」などになります。運転免許証を送る場合、「引っ越しをした方」は忘れずに裏面の住所もコピーして送りましょう。

パスポートは表面ではなく住所や写真が載っている箇所をコピーするので、間違えないようにしてください。

海外に籍がある方は在留カードや特別永住者証明書などをプラスすることも、お忘れなく…。
またこのほかにも、源泉徴収票や給与明細書を求められる場合もあります。

必要書類はキチンとそろえて不備のないようにすると、スピーディーにキャッシングが進みますよ。

キャッシングの借り入れ、返済状況がローンを組むときに与える影響

キャッシングを利用することの懸念材料として、他のローンに申し込むときの影響が出るんじゃないか?と考えている方もいるのではないでしょうか?

ローンというと、例えば住宅ローンや車のローンです。
これらのローンを組むときには、金額自体がかなり大きくなるわけえすから、審査は厳しくなると思います。

キャッシングを利用していて、今返済途中だからといって、ローンの審査に通らないということではありません。
ローンの審査のときに影響が出るだろうということです。

それは当然、ローンも一種の借金ですから、他に借りている先があると、そちらの返済にも当然お金を使うだろうから、ローンを組んだ場合にちゃんとこちらに返済の金額を回してくれるのか?といった心配な面がどうしても生まれてしまうのです。

ローンはキャッシングで借りる以上に、返済期日というのが長いですし、トータルの金額も大きいので、そりゃ慎重になるのが当然とも言えるでしょう。
特にポイントとしては、現在借り入れがあるか?それはいくらか?残債はどれくらい残っているか?過去の返済状況はどうか?といったことが挙げられます。

過去に借り入れがあっても、現在借りていなくて、かつ返済状況が良好だったならば、ほとんど影響は出ないでしょう。
現在借り入れている場合でも、その金額が少額で、かつ借りている先が1社2社程度に収まっていれば、こちらのそこまで大きな影響はないでしょう。

キャッシング利用時には、将来のローンを組むときのことまで考えておいた方が良いでしょう。

キャッシングを即日利用するには

キャッシングを利用する際に気にかかるのは申し込んでからいつくらいに正式に借り入れることができるかということだと思います。大手のキャッシング会社であるからこそ審査などに時間がかかるのではないかという危惧を感じてしまうのは仕方のないことかもしれません。

実際、銀行が提供するカードローンなどの商品は審査開始から実際の借入まで一週間程度かかるのは当たり前です。消費者金融よりも利率が低い分、審査をかなり厳密にやっているということなのでしょうね。そうであるからこそ、実は消費者金融の即日キャッシングという商品の魅力は上がってくるのです。

即日キャッシングというのは申し込みをしたその日のうちにお金を借り入れることができます。一般的な制限としては昼間の三時か二時くらいまでに全ての申し込み手続きを済ませておかなくてはなりませんが、それさえできていれば申し込んだその日のうちに希望しておいたお金を借りれるというわけです。

普通キャッシングしようというタイミングは急にやってくるもので、一週間どころか明日までに現金を用意しなくてはならない!なんてことがよくあるものです。即日キャッシングを利用するとそうした緊急的な需要に柔軟に対応することができ、あなたのお金の運用計画にも余裕が出てくるのではないでしょうか。もちろんこれに頼らないことが一番ですが、ここぞという時に使えるように覚えておいて損はないシステムだと思います。

キャッシングの審査をどうしても通したい人へ

なんとかしてキャッシングやカードローンの審査を通したいと思っている人に注意して欲しいポイントを紹介したいと思います。

キャッシング審査で重要視されるのはズバリ返済能力です。
そのため勤務先のデータはかなり重要です。

基本的に審査に必要なのは運転免許証などの本人確認の書類だけなのですが、確実に審査に通したいなら書類を追加するといいんです。

例えば、サラリーマンなら運転免許証よりも会社の社会保険証のほうがポイントは高いです。
これに給与明細をセットして申し込みをするとよほどのことがない限り審査に落ちるということはないと思います。

もちろん過去の支払い履歴で滞納や延滞があるようだと審査に落ちてしまうかもしれません。

フリーランスのキャッシング審査

時代の流れかフリーランスとして活動している人も年々増えてきています。

こうしたフリーランスの場合、キャッシングの審査はどうなるんでしょうか?

実はフリーランスの場合もサラリーマンと同じようなステップで審査が行われます。

ただ、在籍確認は取りづらいのでは?と思うかもしれませんが、フリーランスとは言え、どこかの会社に所属していたりチームで活動していたりするので、そこで在籍確認が取れれば問題ないそうです。

あくまでも活動の実態が確認できればいいという感じのようです。

また、収入証明についても確定申告書の控えや委託契約書などがあれば、審査で多少は有利になるようですが、絶対という感じではなさそうです。

できるなら用意したほうがいいというレベルのようです。

キャッシング審査と家族構成

キャッシング業者の公式サイトでは申込みフォームが用意されています。
また、お試し診断のような簡易的な審査を用意してある業者もあります。

この違いは入力項目にあります。

一般的にお試し診断のような簡易審査では、年収や他社借入れなど最低限の項目しかありません。

これで、自社の実績などのデータから総量規制などに引っかからない融資額を提示しています。
ところが、通常の申込みとなると、入力項目は一気に増えます。

いわゆる個人情報に関するものばかりです。

そのなかに家族構成があります。
一見、キャッシングの審査とは関係なさそうではありますが、実はそうでもありません。

というのも、キャッシングの審査では返済能力が問われることになるのですが、
そのなかで可処分所得というのが結構ポイントになります。

つまり自由に使えるお金はいくらかということです。

例えば、これから教育費が沢山かかるような子供がいる人と独身者の場合、
年収が同じなら独身者のほうが、あきらかに自由になるお金は多いということになります。

家族構成によって、この可処分所得は大きく変わってくるので、審査では重要な項目になっているんです。

お試し診断の信ぴょう性

キャッシング会社の公式サイトでは、お試し診断のような簡易的な審査をしていることがよくあります。
3秒審査とか10秒審査と呼ばれているやつです。

この審査ってどれくらいの信ぴょう性があるんでしょうか?

実は審査には仮審査と本審査があります。

仮審査は、最低限の条件を満たしているかどうかを判定しています。

なので、この仮審査を通過できない人は本審査に通ることはまずありません。
本審査では仮審査のときの入力情報に加えてさらに詳しく聞かれることになります。

また、勤務先などは、本当に勤務しているかどうか確認のための在籍確認をとることになります。

仮審査のときは数秒で終わっていた審査も本審査では数十分から1時間ほどかかることになります。

審査にパスすると契約が完了すると晴れて現金をてにすることができます。