個人間のお金の貸し借りを規定するのは出資法です

例えば友人同士でお金を貸し借りする場合があります。親しい仲なら金利を取ることはないかもしれませんが、当然金利を取ることもできます。
そして意外と知らないことですが、個人間のお金の貸し借りの金利は出資法の年109.5%という馬鹿高い金利を取ることが可能です。

金融機関から借りる際は利息制限法の年20%が上限ですが、その5倍以上の利息がかかります。
年109.5%と聞いてもピンと来ないかもしれませんが、10万円を1年借りた場合は総額20万9500円を返済する必要となるのです。
トラブル防止のために友達同士のお金の貸し借りでも、借用書を作成しておくことをオススメします。

この個人間のお金の貸し借りのふりをしてお金を貸し付けるのがソフト闇金です。
貸金業者として登録してしまうと年20%の金利しか取れないために、あくまでも個人間のお金の貸し借りのふりをして高い金利を取るのです。
しかもトイチ(10日で1割)やトサンという出資法の109.5%を遥かに超える金利をかけています。もちろん違法なので、万が一借りても元本を含め返済する必要はありません。

しかし個人情報は売り飛ばされて他の闇金から執拗な勧誘がありますし、弁護士や司法書士間に入ってもらうまでは厳しい取り立てが行われます。
ですから安易にソフト闇金から借りるべきではないのです。

キャッシングの利息はどう計算されるの?

消費者金融の審査項目
http://www.mnri13.com/

キャッシングで借りたお金をちゃんと返せるめどはありますか?キャッシングというのは銀行や消費者金融からお金を借りる事ですよね。でも借りたお金そのままの値段で返済すれば良いわけではありません。元金だけではなくて利息を返す必要あるのです。ですから、返せるあてがなく返済を延滞してしまうとどんどん借金が膨れる事になります。ここではキャッシングの利息について解説します。

べらぼうに高い利息が付くわけではないので、早いうちに返済が可能なのであればそんなには、利息は恐れなくてかまいません。特に今では元金に上乗せできる利息の比率は国で決められていますから、本気になればすぐに返せるようになっています。ただ、消費者金融で借金して返済できない人もいるので、油断はせずにしっかりと返すめどは立てておきましょう。

キャッシングサービスの利子は年利を基準にして決められ事になります。つまりは1年に何%と決められたパーセンテージを元金にかけて利子は決まるのです。ですが、キャッシングの利用者は少額の人も多いですから、1か月後にⅠ括という返し方をする事もよくあります。そのために、キャッシングの場合は年利を1年の365で割ってⅠ日の利子を出して、それに借りてから返済するまでの日数をかけて利息が決まります。したがってなるべく利息を抑えて返済しようと思うなら、少ない金額を借り早く返すのが得策という事になります。キャッシングの場合簡単に借りれるのですが、その分借金という意識が薄れて計画も立てずに思いのままにお金を借りてしまう人がいます。キャッシングの利用は計画的にしないと痛い目に合うでしょう。