学生ローンのデメリット!金利は低いが返済手数料が高い!

大学生や専門学生がキャッシングを利用する場合、大手消費者金融よりも金利の低い、学生ローンを検討することがあります。上限金利では2%ほど低く設定されており、利息は抑えられます。最近では、遠方の学生に対応し、インターネットから契約ができ銀行口座への振込融資が利用できます。

しかしながら、学生ローンは返済自体も振込となり、手数料が発生してしまいます。その結果、金利が低いというメリットが薄れてしまうケースがあります。そのため、利用する際は金利だけでなく、トータルでの費用を比較することが重要です。もし、返済手数料が高い場合は手数料無料で利用可能な大手消費者金融を選択することも重要です。また、メリットを最大限に引き出したい方は、ネットバンキング口座を利用して手数料無料で振込ができるようにするのもおすすめです。

主婦のキャッシングはできるの?

2010年6月に改正された「総量規制」によって、それまでの主婦がキャッシングを申し込む時の事情が少し変わりました。

総量規制とは、「貸金業者は、個人年収の三分の一までしか貸し付けできない」と言う規制です。

主婦の方でも、①自身に安定して収入がある方。②自身に収入はないけれども配偶者に安定した収入があり同意が得られる方。③自身に収入がなく、配偶者の同意も得られない方。がいます。

①の自身に収入がある方は、銀行でも消費者金融でも、どちらでも配偶者の同意なしで、キャッシングの申し込みが可能です。

②の配偶者に収入があり同意が得られる方も、金融業者によりますが、大体は、銀行でも消費者金融でも大丈夫です。

③の自身に収入がなく、同意も得られない方は、総量規制対象外になる銀行でしたら、申し込みをすることが可能な場合が多いですが、銀行によって独自の貸し出し条件や規制を設けている所もありますので、キャッシングができない場合もあります。

キャッシングの本人確認で、借り入れがバレることはありません。

キャッシングは気軽るにお金が借りられる便利なサービスですが、利用時に気になるのが借り入れが外部にバレないかということです。特に、キャッシングに申込む際には勤務先の記入が必要で、勤務先へ本人確認が行なわれるので、職場にキャッシングの利用がバレないか、心配になるものです。

でも、心配はいりません。

まず、消費者金融のキャッシングを利用した場合、職場への在籍確認は個人名でおこなれます。消費者金融の名前を告げる事はないので大丈夫です。銀行カードローンを利用する場合には、銀行名で在籍確認が行なわれる場合が多いのですが、銀行からの連絡であれば、預金や各種ローン関係の連絡と思われるので、問題ありません。

キャッシングの利用者が職場で在籍していることを、業者は確かめなければならないので在籍確認はほとんどのケースで行なわれますが、それによってキャッシングの利用情報が外部に漏れることはないので心配する必要はありません。

初めてのキャッシング!審査はどういうもの?

キャッシングの審査とは、申込者の雇用形態や勤続年数や年収、そして住居情報、他社からお金を借りていないかどうかで仮審査が行われます。そして、仮審査で問題がなければ、CICなどの個人信用情報機関で記録がチェックがされます。最後に、勤め先に電話をする事によって在籍確認をとり、確認が取れれば審査が通ります。

大手消費者金融の審査は最短30分であり、すぐに結果がわかります。本審査の結果がわかるまでが30分程度なので、仮審査の結果が数分でわかることもあります。

本審査で審査が通ると本人確認書類をWebや契約機から提出します。そして契約書を確認すればキャッシングする事ができます。振込融資で借入をする事も可能であり、カードを発行してATMから借入をする事も可能です。

おまとめローンを利用して良かった

最初は1社のカードを利用してたのですが、転職をきっかけに、会社で指定の銀行カードローンを作りいつの間にか便利なリボ払いを利用するようになりました。気がつけば限度額ぎりぎりの利用がかさみ、そんな折り引っ越しをすることになりまた転職。もう本当に余裕がなくなりました。たまたまCMで見かけたおまとめローンを知り、最初はこわごわでしたが、勇気をだしてお電話しました。

電話口ではとても落ち着いた口調の丁寧な対応だったのですごく安心しました。来店の日を決めて、早速来店。人には話せないお金の相談を、ここで話せて本当にスッキリしました。とても親身に相談に応じて頂き、色々提案していただきました。1人で抱えていた不安な気持ちがすっと晴れやかになり、おまとめローンにして本当によかったと思います。

プロミスはインターネットから申し込みが可能

プロミスは、テレビCMでもお馴染みの人気のあるキャッシング会社になります。プロミスは、窓口や電話、インターネットから申し込みが可能です。プロミスでは、即日融資も可能です。インターネットから申し込みをすることで、1時間で即日融資が可能な場合もあります。急にお金が必要になってしまったけれどお金を持ち合わせていないという方は、プロミスの即日融資を申し込んでみるとよいでしょう。

プロミスの貸付利率は、4.5%~17.8%になります。ウェブでの申し込み方法には2通りあります。時間に余裕がある方は、申し込みから融資まで全てウェブで完結する方法で申し込みされるとよいです。少しでも申し込みの時間を短縮されたい方は、必要事項だけウェブから入力をして後は電話で確認するという方法を選ぶこともできます。

キャッシングを即日でやるためには

色々なキャッシング業者があるわけですが即日融資、ということをしているのはとても多いです。しかし、これはなんでも、どこでも、誰でも、ということではないです。即日融資には少なからず条件があります。その一つとしてあるのが時間です。何時までに申込みが完了すること、というのが意外としっかりとした条件として決められていることが多いです。

正午までとか、14時までとかそうしたことです。振込みの場合、そもそも銀行が開いている時間になります。そこがまずは最低条件になっていることが多いです。但し、無人店舗による貸付であればそうした制約がないこともあります。しかし、在籍確認などができること、という条件は基本的にあることになります。

即日融資

キャッシング会社の中には、ありがたいことに即日融資が可能なところもあります。即日融資とは、申し込みをしたその日にお金を借りて受け取ることができるということです。キャッシング会社によって、即日融資に掛かる時間はそれぞれ違います。早いところだと申し込みをして最短30分で融資が可能なところもあります。ネット環境が整っている方なら、ウェブから申し込みをすることで即日融資までの時間を短くすることができます。

またキャッシング会社によっては、ウェブから申し込んだ後、電話をすることで最短の時間で融資を受けられるところもあります。即日融資の申し込み方は、キャッシング会社によって少し違ってきます。即日融資を受けるためには、ネットから申し込みをする必要のある会社もあるので注意してください。

消費者金融の審査で重視している点は?

消費者金融にキャッシングの申し込みをすると審査が行われますが、誰でも可決されるわけではありません。特に大手の場合は審査に落ちてしまう人も少なくありません。審査に落ちてしまうとお金を借りる事が出来ないので基準になっている点をしっかり把握しておく事が大切になってきます。そこで消費者金融の審査で重視している点を確認してきましょう。

消費者金融の審査では返済能力があるかどうかが最大の焦点となるので年収や勤務先などを元に金銭能力を確認していきます。また信用情報機関にアクセスして他社からの借入状況や過去の金融取引の実績などもしっかり確認します。それで返済能力があるかどうかを判断して貸付をしても大丈夫と判断されたら審査が可決されます。

カードローンでのおまとめローン!無駄な利息支払いになることも!

銀行や消費者金融のカードローンは、利用目的は原則的に自由ということからおまとめローンにも利用可能です。金利の高い消費者金融のキャッシングであれば、銀行カードローンでおまとめローンをする事で金利が下がり、総返済額は同じ返済期間であれば減少します。

ですが、カードローンでのおまとめローンでは、本来不要な利息が発生する可能があります。それは、おまとめローン時に利息込みの金額でまとめる場合です。結果、利息に利息が上乗せされてしまい無駄が生じてしまいます。そのため、カードローンでおまとめローンをする際は、利息だけは分離した方がお得になります。少額のおまとめローンであれば、発生する利息は少ないものの、限度額上限で借り入れしている分については要注意です。