自動契約機でキャッシングを申し込む時の注意点

キャッシングは審査が行われ、合格するとようやくお金を借りることができます。金融会社にとっては、ちゃんと返済してもらえるか見極めるための審査が重要になります。そのため、どうしても時間がかかってしまいます。自動契約機の前で1時間以上待たないといけないこともあります。待った結果、審査で落ちて借りれないということもあります。

その審査時間の待ち時間を短縮する方法があります。最近はどの金融機関でもインターネットでの申し込みができるので事前に申し込みをしておきます。名前や住所などの個人情報や他社での契約状況、勤務先などの情報を入力し、申込を行うと仮審査を行ってもらえます。その結果が電話で来ますので、そこで仮審査が合格ならば、数分説明を受けてから自動契約機にいきますと、審査時間が半分ほどになり、30分程度でキャッシングができるようになります。

それでも時間がかかるので、申込に自動契約機まで行ったけど、先客がいて、入れない場合はかなり時間をまつ覚悟をするか、別の契約機まで移動した方が良いです。また、自動契約機でキャッシングの新規契約の場合、限度額は50万円以下になります。10万円の時もあるので、仮審査の時にいくらまでいけそうか確認しておいた方が良いです。

三井住友銀行カードローンで返済能力があると判断されても審査に落ちてしまう2つの理由

三井住友銀行カードローンの審査では安定した収入を得ていて返済能力がある点を重視します。それで返済能力があると判断されると審査に可決される可能性も高くなります。しかし返済能力があると判断されても審査に落ちてしまう事もあるので注意が必要です。そこで返済能力があると判断されても審査に落ちてしまう理由を挙げていく事にしましょう。

・勤続期間は1ヶ月未満

三井住友銀行カードローンでは勤続期間も重視していて1年以上あると審査が有利になります。しかし勤続期間が1ヶ月未満だと仕事を転々としているという印象を持たれてしまうので返済能力があると判断されても審査に落ちてしまいます。三井住友銀行カードローンを利用する時は最低でも3ヶ月以上の勤続期間は必要です。

・クレジットカードを支払延滞している事が多い

三井住友銀行カードローンでは信用情報機関にアクセスして信用情報を確認します。信用情報にはクレジットカードの利用した履歴が残っていて期日までにしっかり支払っていれば実績として残っています。しかしクレジットカードの支払いを延滞している事が多いとカードローンの返済も延滞する可能性があると判断されてしまいます。クレジットカードを支払延滞している事が多い人は審査に落ちる可能性が高いので注意が必要です。

キャッシングしたあとの返済って?

消費者金融のキャッシングを検討している人の中には「毎回の返済ってどうやればいいの?お店まで払いに行くの?」と不安になっている人もいると思います。友達や同僚とも普通そんな話はしないし相談するのもためらわれますよね。

大手の消費者金融業者では大抵コンビニのATMで返済することができます。ですから周りから見たら自分の銀行口座に預入をしているのと同じです。キャッシングを利用しているなんて全然わかりません。

それに返済する時の最低金額が決まっていて、それ以上であれば自分の好きな金額を返済することができることがほとんどです。余裕があるときは数千円でも数万円でも追加して返済することができるんですね。借りている額はなるべく少なくしておくほうが払う利息も少なくなりますから、いいシステムだと思います。

また、決められた返済日を守っていればそれ以外の日にも自由に返済することもできます。わざわざ電話やメールなどで問い合わせなくてもATMで入金してしまえばいいので気軽ですね。

このように、キャッシングの返済に関しては最低限のことさえ守っていれば割と自由です。しっかり返済していれば消費者金融からの連絡が来ることもないので何も心配することはありません。

予定外の出費の時によく利用するキャッシング

『ニコニコ現金払いが一番!』計画的に貯金して購入する!よくわかります!

それでも一定の生活費の中でやりくりしていると、子供たちの入学や冠婚葬祭など、けっこう多額の出費に遭遇します。

特に葬の場合は突然にやってくることが多く、大きな出費月にあたると、けっこうキツいものがあります。

そんな時にたまに利用するのがキャッシングシステムです。当然、翌月の返済になるので借り入れが多額になると翌月も同じことになるので危険ですが、返済月がボーナス時期やなにかの手当て支給月だとそこで補うことが可能です。手元にお金が入るといっても自分のお金ではないことは当然のことなので、勘違いをしないように計画的に借りることが必要です。

以前、友人たちと飲みに出かけた時、財布の中にお金があまり入っておらず銀行のATMも現場から遠かったため、すぐ近くにあってカード会社のATMでキャッシングしたという経験があり、とても助かったことを覚えています。

しかし『持っているカードの借り入れ限度枠がその人の借り入れ額とみなされる』という内容の記事を読んだことがあり、その記事では『できる限り限度枠は上げないこと』と『複数のカードを持たないこと』を推奨していました。限度枠はこちらの申請によるものではなくカード会社が勝手に上げることが多く、そのシステムとデメリットに関してはよくわかりませんが、複数のカードを持たないということに関しては紛失時を含め納得いく限りです。

生活の「前提」が変わった時にはチャレンジしておきたい増額申し込み

いざという時のことを考えると、誰かから借りられる余地は多い方がいいわけですが、貸し手側の方もどれぐらいなら大丈夫かを考慮して融資するわけですから、時には融資額が不満足ということがあるかも知れません。
そうした時には「増額申し込み」を行うことで問題を緩和することができます。
とは言え、一般的な心理としては「何かの原因で散財してしまったのか」と思われがちな行動なだけに、増額を求める理由は説明できるように整理しておいた方がいいでしょう。

もっともベターな理由付けとしては、仕事を替えたり出世したりすることで給料が上がったので枠を増やしたい、というものでしょう。
正当な理由があればその分だけ枠が増える可能性がましていくだけに、良い意味で給料などの生活の前提が変わった場合は、忘れずに申し出ておくべきかも知れませんね。

個人間のお金の貸し借りを規定するのは出資法です

例えば友人同士でお金を貸し借りする場合があります。親しい仲なら金利を取ることはないかもしれませんが、当然金利を取ることもできます。
そして意外と知らないことですが、個人間のお金の貸し借りの金利は出資法の年109.5%という馬鹿高い金利を取ることが可能です。

金融機関から借りる際は利息制限法の年20%が上限ですが、その5倍以上の利息がかかります。
年109.5%と聞いてもピンと来ないかもしれませんが、10万円を1年借りた場合は総額20万9500円を返済する必要となるのです。
トラブル防止のために友達同士のお金の貸し借りでも、借用書を作成しておくことをオススメします。

この個人間のお金の貸し借りのふりをしてお金を貸し付けるのがソフト闇金です。
貸金業者として登録してしまうと年20%の金利しか取れないために、あくまでも個人間のお金の貸し借りのふりをして高い金利を取るのです。
しかもトイチ(10日で1割)やトサンという出資法の109.5%を遥かに超える金利をかけています。もちろん違法なので、万が一借りても元本を含め返済する必要はありません。

しかし個人情報は売り飛ばされて他の闇金から執拗な勧誘がありますし、弁護士や司法書士間に入ってもらうまでは厳しい取り立てが行われます。
ですから安易にソフト闇金から借りるべきではないのです。

カードローンとフリーローンの違い

お金を借りる際に、カードローンとフリーローンのどちらに申し込みをおこなったらよいのか迷ってしまう人もいます。

迷いを感じてしまった時には、両者の違いを理解しておくとよいでしょう。

まず、フリーローンは一度にお金を借りていくことになります。審査に申し込み融資を受けられることになったら、口座に希望額を一気に振り込んでもらえるのです。とにかく高額なお金が必要になったときに便利になるでしょう。その後は借りたお金を返済していきます。

一方カードローンは、融資を受けられる額が決まったら、その枠内で何度も利用できるメリットが出てきます。限度額いっぱいまで借りても、返済を行えば再度借入することができるのです。カードローンは、返済を行うことで何度でも利用できる点で、金銭的な不安を感じている人にとって心強い存在になるでしょう。

カードローンは、日常的に必要になる生活費や交際費を補填したいときに役立ってきます。周りにお金を借りられる人がいない時でも、カードローンの契約を行っておけば、銀行口座に振り込んでもらえたり、カードを利用してATMからお金を借りることもできるのです。

お金を借りる時には、フリーローンとの明確な違いを理解しておくとよいでしょう。

即日キャッシングの申し込みかた

お金がすぐ欲しい、という状況は急にやってくるものです。ですから、心の準備をしようとしてもできないわけです。

しかしながら、明日急に10万円以上のお金を用意するというのはかなりハードルが高いと言えるでしょう。

そしてキャッシング会社に申し込みをしていない状態では、なかなか工面をするのはむつかしいように思えます。

ただ、即日キャッシングというサービスを使えば、それが簡単にかなうわけです。

申し込みは非常に簡単で、ネットから自分の情報を入力して審査を待つだけです。

最短で30分程度で審査が終わってすぐにお金が借りられることもあります。

特に銀行系のカードローン・キャッシングの場合は口座を持っているとさらに便利でスピーディに申し込みができます。

銀行カードローンと消費者金融のカードローンの審査を同時に受ける方法はあるの?

銀行カードローンと消費者金融のカードローンを同時に申し込みした場合、個人信用情報に照会履歴が残ってしまい申し込みブラックとなることが知られています。しかし、どうしても現金を調達する必要がある場合、同じタイミングで申し込みができ、片方の審査を通過出来ればと考えてしまいます。しかし、銀行カードローンの場合、日本国内にある3つの個人信用情報機関に照会情報が登録されてしまうため、1回審査に落ちてしまうことのリスクが大きくなります。しかし、このような場合、三井住友銀行カードローンを最初に申し込みするのがおすすめです。

三井住友銀行カードローンの場合、保証委託先がSMBCコンシューマーファイナンスとなるため、審査が通な出来なかった場合、プロミスの契約申込を勧められるケースがあります。この場合、保証会社での審査が完了し、融資可能と判断されるため、改めて申し込みを行う必要が無くなります。申し込みブラックを回避出来る上、短時間で契約手続きを行うことが出来るというメリットも生じます。また、他の銀行カードローンとは異なり、即日で融資を受けられるよう、サービスも充実しているのが特徴です。1回の申し込みで、2社分の審査を受けられるのは、突発的な出費が生じた場合、より確実にキャッシング契約を行い方にはおすすめ出来るものとなります。

キャッシングでは意外と見逃せない手数料

キャッシングは元金や利息以外にも支払っているお金があります。

それが手数料です。

手数料はATMなどからキャッシングや返済を行なう際に発生していますが、自働で処理されるためあまり支払っているという感覚がありません。

しかし、頻繁にキャッシングや返済でATMを使用する場合には手数料だけでも金額がかさんでしまう場合もあります。

できるだけ無駄な出費を抑えるために手数料がかからないキャッシングや返済方法を考えておくことも大切です。

銀行カードローンはコンビニATMと提携しているところも多くあるので、手数料が無料になるところも多くあります。

消費者金融では「新生銀行レイク」など時間帯にはよるもののほとんどのATMで手数料が無料になる会社もあるほか、振込キャッシングを利用することで手数料が無料になる消費者金融もあるので、それらを利用することでよりお得にキャッシングをすることも可能です。

消費者金融や銀行カードローンは初めから高額のキャッシングをすることは難しいため、低額のキャッシングを複数回利用することが多くなりがちです。

そのためキャッシングの利用はお金だけ用意できれば良いというわけではなく、手数料を意識することが上手な利用法といえます。