すぐに返せばキャッシングの利息は怖くない

長らくキャッシングというもの、消費者金融というものは敬遠してきました。

それは基本的に借金というものが好きではなかったことと、何より、利息に対して非常に危機感を持っていたからです。

キャッシングの利息というと、非常に高利で、ちょっと借りてもかなりの利息を払わなければらないイメージがありました。そのコストは無駄という理性的な判断と、得体のしれない恐怖を感じて、そもそもキャッシングから自分を遠い場所に置いていた、という感じです。

しかし、そうもいていられないことが起こりました。

日曜日に新幹線で2時間行った場所で友人の結婚式があり、招待されていた、ということに気付いたのが、金曜日の夜。間の悪いことに、給料日前で、現金がほとんど手元にもなく、なおかつちょっとか高い買い物をクレジットカードでしていて、それが決済されたばかりだったので、銀行口座にもあまり残高がありませんでした。クレジットカードは前述のように持っていましたが、まさか結婚式のお祝い金をカードで払うわけにもいきません。また2次会もおそらくありますが、その会費も現金で払うことが必要です。

そこで最後の手段で、ATMでクレジットカードのキャッシングで10万円借りました。本当にいくら利息が付くんだろうと思って、かなりドキドキものでした。

そしてそのお金で無事に結婚式を乗り切り、明けた月曜日には給料が振り込まれたので、すぐにキャッシングを返済に行きました。すると、あんなに恐怖を感じていた利息は、150円ほどでした。これなら、土日に銀行預金をおろす手数料よりも安いです。

結論としては、長く借りずにすぐ返すのであれば、利息はそれほど怖くない、ということがわかりました。これからは、考えを少し柔軟にしてキャッシングを有効活用しようと思います。