個人間のお金の貸し借りを規定するのは出資法です

例えば友人同士でお金を貸し借りする場合があります。親しい仲なら金利を取ることはないかもしれませんが、当然金利を取ることもできます。
そして意外と知らないことですが、個人間のお金の貸し借りの金利は出資法の年109.5%という馬鹿高い金利を取ることが可能です。

金融機関から借りる際は利息制限法の年20%が上限ですが、その5倍以上の利息がかかります。
年109.5%と聞いてもピンと来ないかもしれませんが、10万円を1年借りた場合は総額20万9500円を返済する必要となるのです。
トラブル防止のために友達同士のお金の貸し借りでも、借用書を作成しておくことをオススメします。

この個人間のお金の貸し借りのふりをしてお金を貸し付けるのがソフト闇金です。
貸金業者として登録してしまうと年20%の金利しか取れないために、あくまでも個人間のお金の貸し借りのふりをして高い金利を取るのです。
しかもトイチ(10日で1割)やトサンという出資法の109.5%を遥かに超える金利をかけています。もちろん違法なので、万が一借りても元本を含め返済する必要はありません。

しかし個人情報は売り飛ばされて他の闇金から執拗な勧誘がありますし、弁護士や司法書士間に入ってもらうまでは厳しい取り立てが行われます。
ですから安易にソフト闇金から借りるべきではないのです。

カードローンとフリーローンの違い

お金を借りる際に、カードローンとフリーローンのどちらに申し込みをおこなったらよいのか迷ってしまう人もいます。

迷いを感じてしまった時には、両者の違いを理解しておくとよいでしょう。

まず、フリーローンは一度にお金を借りていくことになります。審査に申し込み融資を受けられることになったら、口座に希望額を一気に振り込んでもらえるのです。とにかく高額なお金が必要になったときに便利になるでしょう。その後は借りたお金を返済していきます。

一方カードローンは、融資を受けられる額が決まったら、その枠内で何度も利用できるメリットが出てきます。限度額いっぱいまで借りても、返済を行えば再度借入することができるのです。カードローンは、返済を行うことで何度でも利用できる点で、金銭的な不安を感じている人にとって心強い存在になるでしょう。

カードローンは、日常的に必要になる生活費や交際費を補填したいときに役立ってきます。周りにお金を借りられる人がいない時でも、カードローンの契約を行っておけば、銀行口座に振り込んでもらえたり、カードを利用してATMからお金を借りることもできるのです。

お金を借りる時には、フリーローンとの明確な違いを理解しておくとよいでしょう。

即日キャッシングの申し込みかた

お金がすぐ欲しい、という状況は急にやってくるものです。ですから、心の準備をしようとしてもできないわけです。

しかしながら、明日急に10万円以上のお金を用意するというのはかなりハードルが高いと言えるでしょう。

そしてキャッシング会社に申し込みをしていない状態では、なかなか工面をするのはむつかしいように思えます。

ただ、即日キャッシングというサービスを使えば、それが簡単にかなうわけです。

申し込みは非常に簡単で、ネットから自分の情報を入力して審査を待つだけです。

最短で30分程度で審査が終わってすぐにお金が借りられることもあります。

特に銀行系のカードローン・キャッシングの場合は口座を持っているとさらに便利でスピーディに申し込みができます。

銀行カードローンと消費者金融のカードローンの審査を同時に受ける方法はあるの?

銀行カードローンと消費者金融のカードローンを同時に申し込みした場合、個人信用情報に照会履歴が残ってしまい申し込みブラックとなることが知られています。しかし、どうしても現金を調達する必要がある場合、同じタイミングで申し込みができ、片方の審査を通過出来ればと考えてしまいます。しかし、銀行カードローンの場合、日本国内にある3つの個人信用情報機関に照会情報が登録されてしまうため、1回審査に落ちてしまうことのリスクが大きくなります。しかし、このような場合、三井住友銀行カードローンを最初に申し込みするのがおすすめです。

三井住友銀行カードローンの場合、保証委託先がSMBCコンシューマーファイナンスとなるため、審査が通な出来なかった場合、プロミスの契約申込を勧められるケースがあります。この場合、保証会社での審査が完了し、融資可能と判断されるため、改めて申し込みを行う必要が無くなります。申し込みブラックを回避出来る上、短時間で契約手続きを行うことが出来るというメリットも生じます。また、他の銀行カードローンとは異なり、即日で融資を受けられるよう、サービスも充実しているのが特徴です。1回の申し込みで、2社分の審査を受けられるのは、突発的な出費が生じた場合、より確実にキャッシング契約を行い方にはおすすめ出来るものとなります。

キャッシングでは意外と見逃せない手数料

キャッシングは元金や利息以外にも支払っているお金があります。

それが手数料です。

手数料はATMなどからキャッシングや返済を行なう際に発生していますが、自働で処理されるためあまり支払っているという感覚がありません。

しかし、頻繁にキャッシングや返済でATMを使用する場合には手数料だけでも金額がかさんでしまう場合もあります。

できるだけ無駄な出費を抑えるために手数料がかからないキャッシングや返済方法を考えておくことも大切です。

銀行カードローンはコンビニATMと提携しているところも多くあるので、手数料が無料になるところも多くあります。

消費者金融では「新生銀行レイク」など時間帯にはよるもののほとんどのATMで手数料が無料になる会社もあるほか、振込キャッシングを利用することで手数料が無料になる消費者金融もあるので、それらを利用することでよりお得にキャッシングをすることも可能です。

消費者金融や銀行カードローンは初めから高額のキャッシングをすることは難しいため、低額のキャッシングを複数回利用することが多くなりがちです。

そのためキャッシングの利用はお金だけ用意できれば良いというわけではなく、手数料を意識することが上手な利用法といえます。

無利息で活用できるカードローン

カードローンでお金を借りる時にはその借りた日数に応じて利息を支払うことになるわけですが、最近では少しでも多くの人に借りて欲しいとしているので無利息期間を設定しているカードローン業者が増えています。これはほぼ借り手にメリットしかありませんから、心配することはないです。是非とも積極的に活用するべきといえるでしょう。

しかし、誰でもどんな場合でも、ということもありますが条件が細かく決まっていることもありますから、それをよく見てから申込みをするようにしましょう。銀行系カードローンなんかですと預金がいくら以上の場合とか住宅ローンを組んでいる人であれば、とかそうした理由で金利を安くしてもらうことができるプランがあったりします。そうしたサービス内容もよく見て決めるとよいでしょう。カードローンならばお金を借りて利息をつけて返す、という根本的なサービス内容はどこも同じなのですが金利に対する違いがありますし、やや特殊な形態で安く貸してくれるところもあるのです。どこでもよいわけではありませんから、上手く自分にとってよいカードローン業者を見つけるようにしましょう。そうすれば無理なく利用していくことができるでしょう。

カードローンでキャッシング

去年、遂に貯金額がゼロになってしまい、更に引っ越しをしなければならない状況になってしまいました。

今までお金を借りた事がないのが小さな自慢でした。しかし借金をするしかありません。誰にも相談出来ませんでした。

親や友達にも話す事が出来ない、かと言ってカードローンはかなり抵抗がある。でもどんどん時間が無くなっていく。

他に方法が無いかと考えましたが、遂にカードローンを借りる決心がつきました。

今はネットで何でも情報が手に入る時代です。各社の比較もしやすく、口コミで評判などもみる事が出来る。

月々の返済方法、返済の仕方、繰り上げ返済、利息、金利、期間、申込の仕方などを自分で調べていくうちに安心感が生まれてきました。

申込で分からない箇所や審査などでコールセンターとやり取りしましたが、担当の方が非常に丁寧にに対応してくれました。

電話でも相手と話す事で不安も減り、自分の状況もネットで逐一確認する事が出来ます。

計画的に借りてゆっくり返済。余裕があるときに繰り上げ返済をしていけば生活費が圧迫される事もありませんでした。

借りる前に自分があれこれ悩んでいたのが恥ずかしいですね。自分の中で勝手に悪いイメージがあっただけでした。

カードローンは本当に困っている人の味方だと思います。

キャッシングの利息の計算について

多くのキャッシング業者は日割りで利息を計算してくれます。必ずぴったり一年、一ヵ月単位で借りるわけではないのですから、日割りで借りることもできるようになっています。基本的に早く返すことによって利息は抑えることができます。一括返済が最もお勧めできる理由はこれになります。少しでも金利を抑えたいと考える人は多いでしょう。とりあえず貸してくれることが何より有難いという場合もありますが、そうではなく少しでも金利が低いところから借りるようにするべきでしょう。借り換えも検討するべきです。一度借りたところからずっと借りていないといけないわけではないです。

キャッシングはいくら借りて、そしていつまでに返さないといくらの利息が発生するのか、というのを明確に把握しておきますと何かと役に立ちます。実際、利息は借りている金額によって違うことになりますが、10万円単位であればそれこそ一ヵ月で何千円もかからないことが多いです。その為、約定返済で気軽に返済していくこともよいのですが、それでも利息は利息になります。少しでも早く返すことによって抑えられるわけですから、それは絶対にするようにしたほうがよいでしょう。そこは大事なポイントです。

キャッシングで即日融資を受けるには

キャッシングで即日融資を受けたい場合、平日の銀行営業時間内なら、可能な金融業者が主流になっていますが、最近では土日や夜でも即日融資に対応している所があります。

平日にキャッシングを即日で受けたい時、決めた金融業者にネット上のサイトか、店頭窓口、無人の契約機などを利用して契約が完了すると、15時前なら指定口座に振り込みが可能となり、以降の時間だと無人の契約機コーナーでカードを発行すれば、店舗ATMや提携ATMなどでキャッシングを即日で受けられます。

土日や夜即日キャッシングを受けたい場合、業者によっては無人の契約機が営業時間内であれば、即日キャッシングができます。また、夜でも業者が指定するネットバンクに口座があれば、即日に振り込んでくれるサービスがあり、色々な形で即日キャッシングに対応しています。

時間が無いなどで、店頭窓口や無人の契約機に行くことができない時には、パソコンやスマホなどから申し込みから契約まで完結ができ、都合の良い時に無人の契約機でカードを受け取ることができます。

店頭や無人の契約機に行って、キャッシングを即日受ける場合でも、事前にネット上のサイトから申し込み手続きをしておくと、契約時スムーズになりスピーディーな即日融資が受けられます。

アコムの金利と審査通過率を徹底解剖

アコムは消費者金融系で最も貸出残高を持っている消費者金融ですが、同業他社との違いはなんでしょうか。

金利は、

501万円~800万円は3.0%~4.7%

301万円~500万円は4.7%~7.7%

100万円~300万円は7.7%~15.0%

1万円~99万円は7.7%~18.0%

ですから、限度額800万円なら上限4.7%ですから、銀九尾カードローン以下の金利を享受できるように思えます。

しかしながら、アコムは消費者金融です。消費者金融は年収の三分の一以上の貸付はできませんから、限度額800万円というのは年収2400万円以上ないといけません。このような金利を受けられる人であるなら、当然銀行カードローンに赴いた方が審査にも通りますから、現実的とは言えません。

一般的な年収の人は、多くても100万円~300万円のゾーン、上限金利は15%が適用されるのではないでしょうか。それだと法定金利すれすれですね。

アコムの人気の秘密は審査通過率にあると思われます。アコムの審査通過率は月ごとで変化しますが、同業ライバルのプロミスの42%付近に比べて、アコムは48%付近と若干いいのです。

アコムとプロミスに訪れる顧客層の質に違いが出てくるとはあまり思えませんので、アコムは若干他社より審査が緩いところが人気の秘密と言えるでしょう。